映画-Movie Walker > 作品を探す > イリュージョニスト

予告編動画を見る イリュージョニストの画像

世界中で賞賛された『ベルヴィル・ランデブー』のシルヴァン・ショメ監督作。『ぼくの伯父さん』の喜劇王ジャック・タチが娘のために遺した脚本を基に、1950年代のヨーロッパを舞台に、老手品師と貧しい少女との優しく切ない愛の行方を、洗練されたユーモアとノスタルジックな映像でつづる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 60
レビュー 4
投票 56
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 60% (14)
星4つ 100% (23)
星3つ 86% (20)
星2つ 13% (3)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロックンロールやTVが世界を席巻し、時代が古きを追い落とすように進む1950年代のパリ。昔ながらのマジックを披露する初老の手品師タチシェフ(声:ジャン=クロード・ドンダ)は、かつての人気をすっかり失い、三流の劇場や場末のバーでドサ回りの日々。そんなある日、スコットランドの離島に流れ着いた手品師は、やっと電気が開通したばかりの片田舎のバーで村人相手に芸を披露、喝采を浴びる。興奮冷めやらぬ村人たちの中で、貧しい少女アリス(エルダ・ランキン)は、手品師を何でも願いを叶えてくれる“魔法使い”と信じ、島を離れるタチシェフを追いかける。言葉も通じない二人は、やがてエジンバラの片隅で一緒に暮らし始める。落ちぶれた自分を魔法使いと尊敬し、甲斐甲斐しく世話を焼き甘えるアリスに、生き別れた娘の面影を見るタチシェフ。しかし、初めて都会へやってきたアリスにとって、街は見るもの全てが珍しく、新鮮な輝きに満ち溢れていた。そして、アリスを落胆させまいと、手品師は魔法の呪文で彼女が望むプレゼントを贈り続ける。だが時代遅れの彼に仕事は無く、やがて財布の中身も尽きた頃、成長し大人となったアリスは、恋を知り、手品師の元を巣立つ時がやってくる……。

見たい映画に
登録した人
111

作品データ

原題 THE ILLUSIONIST
製作年 2010年
製作国 イギリス=フランス
配給 クロックワークス=三鷹の森ジブリ美術館
上映時間 80
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

手品師 / フランスの劇場支配人 ジャン=クロード・ドンダ
アリス エルダ・ランキン
その他の声 ダンカン・マクネイル
その他の声 レイモンド・ミャーンズ
その他の声 ジェイムズ・T・マイヤー
その他の声 トム・ユーリー
その他の声 ポール・バンディ

レビュー

ジャックタチの世界は彼にしか出来ない

投稿者:daido69

(投稿日:2011/05/11)

この映画がなぜアニメなのか?と考えてみた。 ジャックタチの…

[続きを読む]

支持者:0人

絵がきれい

投稿者:○○

(投稿日:2011/04/12)

丁寧にきれいに昔ながらの方法で製作している。 大量生産のア…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > イリュージョニスト