映画-Movie Walker > 作品を探す > WORLD CLASSICS@CINEMA 2011「カルメン」

WORLD CLASSICS@CINEMA 2011「カルメン」の画像

メリメ原作、ビゼー作曲による美女カルメンを巡る愛憎を描いた傑作オペラを、ミラノ・スカラ座のシーズン初日に収録。指揮は、巨匠ダニエル・バレンボイム。ドン・ホセはトップテノール歌手ヨナス・カウフマン、カルメンは注目の新人アニタ・ラチヴェリシュヴィリ、エスカミーリョはバス歌手アーウィン・シュロット

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

スペインのセヴィリア。タバコ工場で働くカルメン(アニタ・ラチヴェリシュヴィリ)は自由奔放な性格だが群を抜く魅力を放つ美女で、言い寄られても並みの男では相手にしなかった。ある日、カルメンはケンカをして逮捕される。そんな彼女を、工場の衛兵ドン・ホセ(ヨナス・カウフマン)が護送することになる。しかしその途中、カルメンはドン・ホセを誘惑し、それに屈したドン・ホセは、彼女を逃がしてしまう。その後、2人は居酒屋リーリャス・パスティアで再会する。そこでドン・ホセは、上司の隊長と決闘することになってしまい、脱走する。ドン・ホセとカルメンは、密輸団に身を落とす。カルメンがトランプで2人の運命を占うが、出てくるのは2人の死を示すカードばかり。しばらくして、母の危篤を知ったドン・ホセが帰郷する。カルメンは彼がいない間に、闘牛士エスカミーリョ(アーウィン・シュロット)に鞍替えしてしまう。それを知ったドン・ホセは嫉妬に狂い、復縁を迫る。しかしカルメンの心が永久に戻らないことがわかると、絶望したドン・ホセはカルメンの胸にナイフを突き刺し、自らも命を絶つ。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 ソニー
上映時間 未定
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > WORLD CLASSICS@CINEMA 2011「カルメン」