TOP > 映画作品を探す > 僕が結婚を決めたワケ

予告編を見る
僕が結婚を決めたワケの画像

「天使と悪魔」などのヒットメーカーで、ラブ・コメディも得意とするロン・ハワード監督が結婚に揺れ動く男の心情を軽快なタッチで活写したコメディ。結婚を決意する主人公をコメディに定評のあるヴィンス・ボーンが演じるほか、ジェニファー・コネリーウィノナ・ライダーといった演技派ぞろいの女優陣が脇を固める。

2/5
総評価数 46
レビュー 11
投票 35
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (10)
星3つ 25% (15)
星2つ 0% (16)
星1つ 25% (3)
見たい映画に
登録した人
65

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

自動車関係のベンチャー企業を営む40歳で独身のロニーは、同棲している恋人ベスとの結婚を考え始める。そんな矢先、大学時代からの親友でビジネスパートナーのニックの妻が浮気しているのを目撃してしまう。理想のカップルだと思っていたロニーは、結婚というものがわからなくなってしまい、さらに浮気を告げるべきかで悩むことに。

作品データ

原題 THE DILEMMA
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 111
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

レビュー

中年のラブコメディ

投稿者:たかひろし

(投稿日:2011/6/20)

「恋人たちの予感」に代表されるように、アメリカ映画には、中年…

[続きを読む]

支持者:1人

有りそうな感じでほのぼの

投稿者:YO99

(投稿日:2011/4/11)

ラブコメというには熱々感の薄いほのぼの映画。というよりも学生…

[続きを読む]

支持者:0人

原題「THE DILEMMA」の方が・・・

投稿者:jemmy

(投稿日:2011/1/16)

作品としては面白かったと思いますが、 主人公のロニーが「結…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

『ダ・ヴィンチ・コード』など数々の大作を手掛ける巨匠が久しぶりに撮ったラブコメとは?
『ダ・ヴィンチ・コード』など数々の大作を手掛ける巨匠が久しぶりに撮ったラブコメとは?(2011年1月14日 11:00)

ロン・ハワード監督といえば、ダン・ブラウンによる世界的ベストセラーを映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』(05)、『天使と悪魔』(09)といったメガヒット作や、ア…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 僕が結婚を決めたワケ