TOP > 映画作品を探す > マジンカイザーSKL 第2話 search and kill(サーチアンドキル)

はるか未来に漆黒の巨大ロボットが活躍する…人気ゲーム「スーパーロボット大戦」から生まれた最強ロボット・マジンカイザーを完全リニューアルした新シリーズの第2話。監督は「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」の川越淳。2010年12月25日より開催された「ANIME FES "VS" バトル2」にて上映。

1/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

遥かな未来、太平洋上の奇械島では本能的に戦いを求めるいくつもの勢力がロボットを駆使して死闘を繰り広げていた。無法地帯と化したその島で、特に圧倒的な力で次々と敵を血祭りに上げていく漆黒のロボット、それがマジンカイザーだった。この島で戦いを繰り広げているのはキバ軍、ガラン軍、アイラ軍、そしてマジンカイザーを操る海動剣(声:浅沼晋太郎)と真上遼(声:日野聡)の所属するスカルフォース。キバ軍の砦の遠隔制御装置を停止させてアイラ軍の拠点、八稜郭に向かったスカルフォースの由木(声:早見沙織)はガラン軍の総攻撃に遭遇する。その頃、海動と真上は、一足先にガラン城に殴りこみをかけていた。八稜郭の戦いにマジンカイザーの救援は期待できないと知り、由木はある決意をする。一方、海動たちはガランとのロボット戦に移行。しかし操縦を買って出た真上が、戦いの中で不可解な狂乱に陥り、マジンカイザーは絶体絶命の危機に立たされる。

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 ショウゲート
上映時間 25
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

原作 永井豪
監督 川越淳
脚本 早川正
構成 早川正
キャラクター・デザイン 伊藤岳史
メカニカルデザイン 野中剛阿部宗孝堀井敏之小川浩
録音 岩浪美和
主題曲 ラウドネスサディ

キャスト

カイドウケン 浅沼晋太郎
マガミリョウ 日野聡
ユキツバサ 早見沙織
キバ 檜山修之
ガラン 銀河万丈
アイラ 田中敦子
ヒミコ 井上喜久子
ハリケーン 白石涼子
ファンシー 高橋美佳子
フラッシュ 喜多村英梨
ミスティ 清水愛
スカーレット 浅野真澄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > マジンカイザーSKL 第2話 search and kill(サーチアンドキル)