映画-Movie Walker > 作品を探す > サラエボ、希望の街角

サラエボ、希望の街角の画像

長編第1作『サラエボの花』で06年のベルリン国際映画祭金熊賞に輝いた女性監督ヤスミラ・ジュバニッチが、再び故郷のサラエボを舞台に描く人間ドラマ。ひとりの女性の姿を通し、死者20万人、難民・避難民200万人を生んだボスニア紛争から15年以上を経ても過酷な紛争の傷跡が残るサラエボのいまを映し出す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 15
レビュー 3
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 12% (1)
星4つ 100% (8)
星3つ 62% (5)
星2つ 12% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

航空会社の客室乗務員として働くルナ(ズリンカ・ツヴィテシッチ)と、空港の管制室に務めるアマル(レオン・ルチェフ)はサラエボで結婚を前提に同棲生活を送るカップル。アマルを愛するルナは、一刻も早く彼の子供を授かりたいと望んでいた。幸せそうな2人だったが、かつてこの国で起きた“サラエボ紛争”によって、心に深い傷を負っていた。目の前で両親を殺され、避難民として過ごしたルナ。過酷な戦場を経験し、弟を失ったアマル。2人とも、戦争の酷い記憶を拭うことができずにいた。そんなある日、戦争体験の後遺症からアルコール依存症に陥っていたアマルは、勤務中の飲酒が原因で6ヵ月間の停職処分を受けてしまう。一方、医師から人工授精を勧められて悩むルナ。ある日、停職中のアマルが、イスラム原理主義者から仕事を紹介されたと言ってくる。仕事場が遠く離れていることもあり、ルナはそれを断るように頼むが、彼は1人で出かけてしまう。そのまま音信不通になるアマル。彼を追って現地に向かったルナは、車とボートを乗り継いで彼らのコミューンに辿り着く。だが、黒いベールで全身を覆った女性たちが男性から隔離されている生活は、彼女の目には奇異に映った。ようやく再会したアマルは、ここの生活にすっかり馴染んで、今では酒を断ったと言う。数週間後、サラエボに戻ってきたアマルは、熱心にモスクに通い、欠かさず祈りを捧げるようになる。別人のようになったアマルを理解しようと努めるルナだったが、心の溝は埋まらない。ある夜、酔って街を彷徨った彼女は、紛争で受けた心の傷、長らく心の奥底に封印してきたトラウマと向き合うことになる。そしてもう一つ大きな問題は、未来のために今どのような選択をすべきか、ということだった。自分は本当にアマルを愛し、彼の子供を産むことを願っているのか。苦しみながら自問自答を繰り返したルナは、覚悟を決めてアマルに自らの意思を告げる……。

見たい映画に
登録した人
51

作品データ

原題 NA PUTU
製作年 2010年
製作国 ボスニア=ヘルツェゴヴィナ
配給 アルバトロス・フィルム=ツイン
上映時間 104
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

なかなか幸せになれない

投稿者:2006年から映画

(投稿日:2011/04/09)

内戦とイスラム教。日本には馴染みのない要因を絡めて男女のすれ…

[続きを読む]

支持者:0人

あぁ~戦争は嫌じゃ!

投稿者:koni

(投稿日:2011/04/09)

『サラエボの花』では泣きました!いじらしくも前向きな母娘に泣…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サラエボ、希望の街角