映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛するとき、愛されるとき

エロスをテーマに6人の監督が競作する『Love&Eros CINEMA COLLECTION』の1本。露出プレイ写真をばら撒かれた妹を救うため野外でHな写真を撮られたOL佑子は、次第に心と体を解放していく。監督は、「ドキュメンタリー 頭脳警察」の瀬々敬久。出演は、「ふぞろいな秘密」の河合龍之介

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

田舎で働く平凡な事務員の佑子(江澤翠)には、もうひとつの顔があった。“魔法使いゆこりん”として、ブログを書いているのだ。ある日、佑子の妹(晶エリー)の露出プレイ写真がネットでばら撒かれる。妹を助けるため、佑子は犯人らしき男(河合龍之介)と会う。妹の安全と引き換えに、佑子は野外でHな写真を撮られる。しかしいつの間にか佑子はそれに快楽を感じ始め、体も心も解放されていく。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 70
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 瀬々敬久
プロデューサー 江尻健司
脚本 瀬々敬久佐藤有記
企画 利倉亮
撮影 鍋島淳裕
録音 山口勉
スチール 利倉亮
助監督 海野敦
アシスタントプロデューサー 酒井識人
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛するとき、愛されるとき

ムービーウォーカー 上へ戻る