映画-Movie Walker > 作品を探す > その街のこども 劇場版

その街のこども 劇場版の画像

阪神・淡路大震災をテーマに、NHKで放送されたドラマ「その街のこども」に新たな映像を加え、再編集バージョンで映画化。「メゾン・ド・ヒミコ」の渡辺あやが脚本を担当し、子どものころに震災を体験した男女が抱える傷や未来への希望を描く。実際に震災を体験している森山未來佐藤江梨子の真に迫った演技に心を揺さぶられる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 35
レビュー 8
投票 27
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 70% (12)
星4つ 100% (17)
星3つ 35% (6)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1995年1月17日、午前5時46分。神戸の街を一瞬にして破壊した阪神大震災が発生した。それから15年。子供の頃にこの震災を体験し、今は東京で暮らす勇治(森山未來)と美夏(佐藤江梨子)。2人は“追悼のつどい”が行なわれる前日に神戸で偶然知り合い、震災15年目の朝を迎えるまでの時間を共に過ごすことになる。震災によって受けた心の傷に向き合うため、今年こそ“追悼のつどい”に参加すると心に決めていた美夏。それに対し、出張の途中に“なんとなく”神戸に降り立っただけだと言い張る勇治。全く異なる震災体験をした2人の間には、大きな溝が広がっているように見えた。しかし、ある場所に差し掛かった時、美夏は勇治が長年抱え込んできた過去を垣間見ることになる。復興を遂げた真夜中の神戸の街を背に、これまで語ることのできなかった2人の想いが、不器用に溢れ出そうとしていた……。

見たい映画に
登録した人
49

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 トランスフォーマー
上映時間 83
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井上剛
プロデューサー 京田光広
脚本 渡辺あや
撮影 松宮拓
音楽 大友良英
主題曲/主題歌 阿部芙蓉美

キャスト

レビュー

名バイプレーヤーのお二人がどんな演技をするのか・・・。

投稿者:ミチさん

(投稿日:2013/01/04)

楽しみでもあり、怖くもあり、少し敬遠していました。 が、『…

[続きを読む]

支持者:0人

じんわりとしみる

投稿者:paristokyo

(投稿日:2012/10/12)

多分、再生の物語。 何か大事件があるわけでもなし、二人がポ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > その街のこども 劇場版