TOP > 上映中の映画作品を探す > バカがウラヤマシイ

何でも器用にこなして失敗したことがないと自負するOLが、“サクラ”の副業を通して人間的に成長していくヒューマン・ドラマ。監督は、東京ビジュアルアーツ出身の鋤崎智哉。出演は、元おはガールで、ドラマ『0号室の客』の安藤聖、「南極料理人」の古舘寛治、「リアリズムの宿」の山本剛史、劇団はえぎわの鈴真紀史

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

女子大生の希(安藤聖)は何事も効率的にそつなくこなし、失敗はしないか、しても人には見せないことを信条に生きてきた。しかし、就職活動では不採用通知ばかりで、ショックを受ける。希は大手企業に就職できなかったことを周囲に気づかれないよう、小さな会社に就職する。仕事の雑用で社史編纂室に立ち寄った希は、そこで曽根(古舘寛治)と出会う。見た目もパッとせず、希とは話も合わない曽根は、相馬(山本剛史)、玲子(鈴真紀史)、恵(播田美保)らと副業でサクラの仕事をしていた。スカウト詐欺に遭い、借金を背負ってしまった希は、曽根の副業を手伝うことになる。希はサクラを楽そうだと思っていたが、いきなり結婚式でスピーチをする羽目になったり、お見合いパーティーをぶち壊してしまったりと、失敗を重ねる。自分は何もできないと落ち込む希に、曽根は言葉を掛ける。それを聞いた希はサクラの仕事を再開し、結婚式のスピーチで自分の気持ちを語り出す。

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 トリウッドスタジオプロジェクト
上映時間 60
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鋤崎智哉
脚本 鋤崎智哉
撮影 浪谷昇平
音楽 萬遊亭
編集 鋤崎智哉山本達也
エグゼクティブプロデューサー 橋本邦比兒大槻貴宏
プロデューサー 山本達也日根野晋一
照明 田中佳輔
録音 直江良恵
美術 羅眞嬉

キャスト

ノゾミ 安藤聖
ソネ 古舘寛治
ソウマ 山本剛史
レイコ 鈴真紀史
メグミ 播田美保
フジコ 川村えな
カオル 村松恭子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > バカがウラヤマシイ