映画-Movie Walker > 作品を探す > ウクレレ PAITITI THE MOVIE

「ドレミファ娘の血が騒ぐ」の女優・洞口依子と、映像作家・石田英範によるウクレレ・ユニット“パイティティ”の2008年夏の活動を収めたドキュメンタリー。黒沢清監督、関口和之らのインタビューを交えながら、パイティティの魅力を余すところなく伝える。監督は、テレビ『ウルトラマン・メビウス』の原口智生

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1998年、女優・洞口依子と映像作家・石田英範が結成したウクレレ・ユニット“パイティティ”は、ハワイアンとは異なるプログレッシブなサウンドで、コアなファンの注目を集めている。2004年、洞口は子宮頸がんを発症し、辛い闘病生活を経験した。それを乗り越え、2005年、ネットシネマ『マクガフィン』の出演、サントラで女優・音楽活動を再開した。結成10年目を迎えた2008年、特撮の巨匠・原口智生監督によって、パイティティのドキュメンタリーが企画・構成された。本作は、渋谷のジャズクラブ“JZブラッド”で行われた単独ライブ映像、原口監督らの競作によるミュージック・クリップ、沖縄ツアーでの商店街を練り歩きながらの演奏、日本最大のウクレレ・イベントに参加したときの様子やオフショットなど、奇想天外なパイティティの魅力が溢れる作品となった。洞口のデビュー作「ドレミファ娘の血が騒ぐ」から関わりが深い黒沢清監督、ウクレレの師匠でパイティティの生みの親であるウクレレ愛好家・関口和之、ニューウェーブ・バンド“ヒカシュー”の巻上公一、沖縄の映画界を牽引する當間早志監督らのインタビューをはさみながら、パイティティの破天荒な夏を追い掛ける。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 ジェマティカ・レコーズ
上映時間 107
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 原口智生
構成 原口智生
企画 原口智生
撮影 高橋義仁
特撮監督 原口智生
特殊メイク 森田誠
音楽 石田英範
美術 磯見俊裕
編集 本田吉孝
エグゼクティブプロデューサー 高橋信彦
監督補 本田吉孝
照明 田村文彦
CGI監督 早川哲司
特撮美術 高橋勲
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ウクレレ PAITITI THE MOVIE