映画-Movie Walker > 作品を探す > 戦火の中へ

予告編動画を見る 戦火の中への画像

『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督が、朝鮮戦争で命を落とした少年兵が母親につづった手紙を基に、知られざる学徒兵たちの戦いをつづる感動の戦争ドラマ。人気グループ、BIGBANGのT.O.Pが学徒兵のリーダー役で映画初主演。2トンもの火薬を使用し、全編の1/3が爆破シーンという、迫力の戦闘シーンも見どころだ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 49
レビュー 8
投票 41
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 52% (12)
星4つ 60% (14)
星3つ 100% (23)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1950年6月25日、北朝鮮の奇襲によって始まった朝鮮戦争は、わずか3日でソウルが陥落。国連軍の支援を受けながらも韓国軍は敗走を続け、全滅の危機に瀕した8月には最後の砦、洛東江を死守するため、軍司令部のある浦項に駐留する部隊にも招集がかかる。そして、軍司令部が設置された浦項女子中学校の守備に残されたのは、戦闘経験がほとんどない71人の学徒兵。部隊を指揮するカン・ソクテ大尉(キム・スンウ)が守備隊のリーダーに任命したのはオ・ジャンボム(チェ・スンヒョン)という物静かな学生だった。気が弱いジャンボムは、その指示に困惑しつつも、部隊を統率しようと努力する。だが、彼の指示に対して一部の不良学生が反発。中でも最年長のガブチョ(クォン・サンウ)は少年院送りの代わりにと学徒兵に志願したという筋金入りの反逆児。ジャンボムとガブチョは事あるごとに衝突する。ジャンボムはそんな日々の様子を故郷の母親宛の手紙として書き綴っていた。その頃、北朝鮮の766部隊を率いるパク・ムラン少佐(チャ・スンウォン)は、“洛東江へ向かえ”という上層部の指示を無視して、学徒兵たちが守る浦項へのルートを進んでいた。浦項危機の情報は、洛東江で激戦を繰り広げるカン大尉の耳に届く。彼は上層部に援軍派遣を求めるが、劣勢の韓国軍にとって兵を割く余裕はなかった。やがて、浦項に到達したムランは、守備隊が守る学校内に単身乗り込んでくる。捕虜から守備隊には学徒兵しかいないという情報を入手した彼は、無条件降伏を迫ってきたのだ。だが、2時間以内の降伏を要求してきたムランに対して、ジャンボムは勇気を振り絞って、敢然とその要求を拒否する。こうして、全面衝突は決定的となる。そして、運命の8月11日。時計が正午を指すのと同時に、壮絶な死闘の始まりを告げる号砲が鳴り響いた……。

見たい映画に
登録した人
77

作品データ

原題 71 INTO THE FIRE
製作年 2010年
製作国 韓国
配給 角川映画
上映時間 121
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 イ・ジェハン
衣装デザイン ヤン・ミネ
音楽 イ・ドンジュン
エグゼクティブプロデューサー チョン・テウォン
プロダクション・デザイン チェ・ギホ
撮影監督 チェ・チョンミン

レビュー

戦争は幸せを望む人も犠牲にしていく

投稿者:さとふく

(投稿日:2011/03/14)

多くの若者が犠牲となっていきました。一部の人によることかもし…

[続きを読む]

支持者:0人

ムラン少佐が強敵ですばらしい

投稿者:wistrian

(投稿日:2011/02/20)

実話だということですが 実戦経験のない子供ばかりで 現状は悲…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 戦火の中へ