映画-Movie Walker > 作品を探す > SOMEWHERE

予告編動画を見る SOMEWHEREの画像

ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたソフィア・コッポラ監督による人間ドラマ。華やかだが空虚な生活を送る映画スターが、久々に再会した娘と共に過ごす時間を通して、人生を見つめ直すさまを描く。舞台となる高級ホテルのたたずまいや、鮮烈な映像美、主人公の娘を演じるエル・ファニングのみずみずしい好演も印象に残る。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 113
レビュー 16
投票 97
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 47% (18)
星4つ 100% (38)
星3つ 89% (34)
星2つ 44% (17)
星1つ 15% (6)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴ・ドーフ)は、ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”で暮らしている。フェラーリを乗り回し、パーティで酒と女に溺れる彼の日々は、表面的な華やかさとは裏腹に、孤独で空虚だった。そんなある日、彼の元を前妻レイラと同居する11歳の娘クレオ(エル・ファニング)が訪れる。夜までクレオを預かり、スケートリンクで優雅にターンするその姿に拍手を送るジョニー。クレオを家へ送り届けると、乱痴気騒ぎに明け暮れるいつもの毎日が彼を待ち受けていた。新作の取材対応や特殊メイクの型取りなど、俳優としての仕事をこなすものの、どこか落ち着かない。隣室の女と情事を済ませて部屋を出ると、そこには再びクレオが荷物を抱えて立っていた。レイラが家を空けるため、しばらくジョニーのもとで暮らさなければならないという。ジョニーの友人サミー(クリス・ポンティアス)を交え、ゲームに熱中する3人。数日後、授賞式に参加するため、クレオを伴ってイタリアを訪れるジョニー。だがクレオが寝た隙に、ジョニーは部屋に女を招き入れ、翌日の朝食は3人が顔を揃えることに。盛大な授賞式に参加したものの、ジョニーとクレオは疲れ果てて逃げ帰ってゆく。シャトーで過ごす穏やかな2人の時間。ジョニーの肩にもたれ、うたた寝するクレオ。ジョニーが寝ている間に朝食の支度をするクレオ。そして、他愛のない会話。それは、本来なら父と娘が触れ合うごく普通の風景だった。やがて訪れる別れの日。悲しんで泣くクレオを抱き寄せるジョニー。別れ際、一緒にいられないことをクレオに謝罪する。一人きりで部屋に帰ると、たまらずレイラに泣きながら電話する。しかし……。ジョニーはホテルをチェックアウトして、フェラーリをどこかへ走らせて行く。そして彼はフェラーリを捨て、もう一度歩き始められる場所に辿り着くのだった……。

見たい映画に
登録した人
224

作品データ

原題 SOMEWHERE
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 東北新社
上映時間 98
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

レビュー

Simple is best!

投稿者:ちゃい

(投稿日:2011/05/14)

何もかもが、とってもシンプル☆シンプルだからこそココロを刺激…

[続きを読む]

支持者:0人

親子の時間はプライスレス

投稿者:TAKA

(投稿日:2011/05/13)

これはいい意味で「満たされない」映画だ。 お金では買えない…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > SOMEWHERE