スキャナーズ3|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スキャナーズ3

1992年4月4日公開,100分
  • 上映館を探す

デイヴィット・クローネンバーグ監督出世作「スキャナーズ」の続編。監督はパート2から引き続きクリスチャン・デュゲイ、製作レネ・マロ、エグゼクティヴ・プロデューサーはピエール・デイヴィッドとレナルド・パレ、脚本はB・J・ネルソンとジュリー・リチャードとデイヴィッド・プレストン、原案はデイヴィッド・クローネンバーグ、撮影はヒューズ・デ・ヘック、音楽はマーティ・サイモン、特殊メイクはマイク・マディが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い姉弟ヘレナ(リリアナ・コモロウスカ)とアレックス(スティーヴ・パリッシュ)は隔離されて育った。2人は生まれながらのスキャナーだった。彼らは、スキャナーの研究者であるモネ博士に引き取られ、静かに成長していった。しかし、アレックスはその恐るべき能力のために、誤って友人を殺してしまう。そこで自分をコントロールする力を得るために、アレックスはタイで修業を積んでいた。一方、ヘレナはスキャニング能力に伴う極度の頭痛に悩まされていたが、モネ博士の開発したEPH‐3という試薬を無断で使い、その効果によってスキャナーとしての新たな自分の能力に目覚めてしまった。彼女は世界支配を謀み始め、上司や博士など、自分の邪魔になる人間を次々と始末し、支配力を強めていく。ヘレナにとってもはや敵はアレックスを残すのみとなり、ヘレナとアレックスは壮絶なバトルを繰り広げる。そして、アレックスの捨て身の戦いが功を奏し、ヘレナを倒したのであった。

作品データ

原題
Scanners 3 The Takeover
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
東北新社
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?