TOP > 映画作品を探す > 美人図

予告編を見る
美人図の画像

18世紀末の朝鮮で活躍し、国宝指定の数々の名画を残した天才絵師シン・ユンボク。”ユンボクが実は女だった”という大胆な仮説を元に、謎に包まれたその生涯と、名画”美人図”に込められた思いを、エロチシズムを交えて描く歴史ロマン。出演は「下流人生 ~愛こそすべて~」のキム・ミンソン、『善徳女王』のキム・ナムギル

4/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
8

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

18世紀末、第22代王・正祖の下で朝鮮ルネッサンスが花開いた時代。4代続く宮廷絵師の家系で、跡継ぎとしてその将来を嘱望されていたシン・ユンボクがある日突然、自ら命を絶つ。実は、誰にも内緒で“ユンボクの絵”を描いていたのは7歳の妹だったのだ。驚きつつも“女の分際で絵師の真似事をしたお前のせいで跡継ぎを失った”と妹を責める父。女人禁制の宮廷に仕えてきた一家の名誉を守るため、幼い妹はその日から兄に代わって“シン・ユンボク”として生きることとなる。宮廷に入ったユンボク(キム・ミンソン)は、名絵師キム・ホンド(キム・ヨンホ)の下で天才的な才能を次々と開花させてゆく。中でも、王命を受けて描く風俗画は、その斬新さで師であるホンドさえ驚くような腕前を見せる。さらに、女性を中心に据え、その裸体さえも大胆に描き込むという、それまで誰も描いたことのない手法を披露。これは、宮廷から低俗と糾弾されることもしばしばだったが、それでもユンボクの筆は勢いを増すばかり。もはや何人にも止められない境地にまで至っていた。そんなある日、ユンボクはガンム(キム・ナムギル)という鏡職人と出会う。ガンムに女であることを知られて恋に落ち、一気に女である自分に目覚めてゆくユンボク。彼女の中で初めて、自分が築き上げた全てを犠牲にしてでも、1人の女として愛を貫きたいという気持ちが芽生える。狂おしい思いは絵筆から溢れ、それを見たホンドは愛弟子の秘密に気付いてしまう。ユンボクをめぐって吹き荒れる愛と嫉妬の嵐は、やがて予期せぬ結末へと3人を導いていく……。朝鮮初のエロチシズムを描いた名画“美人図”。謎の天才絵師シン・ユンボクは、あの日のガンムに答えていたのかもしれない。

作品データ

原題 Portrait of a Beauty
製作年 2008年
製作国 韓国
配給 ツイン
上映時間 110
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

シン・ユンボク キム・ミンソン
ガンム キム・ナムギル
キム・ホンド キム・ヨンホ
Seol-hwa チュ・ジャヒョン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 美人図