デイブレイカー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

デイブレイカー

2010年11月27日公開,98分
R15+
  • 上映館を探す

人間の大半がヴァンパイアと化した、2019年の世界を舞台にしたSFアクション。ゾンビ映画「アンデッド」のピーター&マイケル・スピエリッグ監督が、人間とヴァンパイアのパワーバランスが逆転した恐ろしくも奇妙な世界を創造。銃撃戦などの激しいバトルシーンのほか、血が入った飲み物が売られているなどの細かい設定も斬新だ。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

未知のウイルスが蔓延し、多くの人間がヴァンパイアと化した世界。彼らは人間に代わって普通の社会生活を営むようになるも、深刻な血液不足に悩まされる。製薬会社に勤める研究者のエドワードは、その問題を解消するために代用血液の開発に挑む。だが彼は、自身もヴァンパイアでありながら、絶滅危機にある人間の未来を案じていた。

作品データ

原題
Daybreakers
映倫区分
R15+
製作年
2009年
製作国
オーストラリア=アメリカ
配給
ブロードメディア・スタジオ(提供 ポニーキャニオン=ブロードメディア・スタジオ)
上映時間
98分

[c]2008 Lionsgate and Paradise Pty Limited, Film Finance Corporation Australia Limited and Pacific Film and Television Commission Pty Limited. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • SNAIL

    3
    2011/11/29

    疫病によって増大したヴァンパイアが人口の大半を占める近未来が舞台。
    ヴァンパイアの特徴は基本を押さえ、作品独自の解釈にはあまり無茶なところも少なく、ありえそうなことばかり。
    あまりお金はかかっていないけれど、映像もきれいに作っているし、役者はいいところを集めています。
    (ウェイレム・デフォーとサム・ニールが出ていなかったらこの映画を観ることはないよ、私は)

    しかしながら、全体として良く出来ているのですが、やはり最後の締めかたは物足りない。

    サブサイダーならずとも、あまり血に飢えてしまうと元が文明人とはいえ理性がぶっとんでしまうんですね。それではいくら治療法が分かっても解決までの道遠し…ということでしょうか。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • もっち

    2010/12/13

    突然原因不明の流行病から人間がバンパイヤに 不老不死になっても生物は、あんなに利己的にいられるんでしょうか・・・ 半永久的に病も知らず生きられるのなら もっと平和的に人間と共存(共生)してもよさそうなもの しかしイーサンの憂いの演技流石です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • koni

    3
    2010/12/10

    久々に悪者とちゃうウィレム・デフォーと、なさけなくないイーサン・ホークに会えましたなぁ~。

    物語は近未来SFの体をとっとりますが、展開自体は、今そこにある格差社会でおます。
    それにバンパイアの古典を取込んでくれちょるんが嬉しい♪やっぱ、バンパイアは鏡に映っちゃあきまへんし、殺すには首を切離すか心臓に杭を刺さんとね。
    あっっ!ニンニクと十字架のアイテムはなかったなぁ~、陽の光同様にこれらのアイテムに対処するバンパイアも観たかった♪

    と、ヘタレ人間には丁度えぇスプラッタ&オカルト度でおました。

    が、ドラマ的にはもちっと深く描いて欲しかったなぁ~。
    貧しいバンパイアが自身の血を吸ってゾンビっぽいバンパイアに変わるとこなんてドラマのえぇ材料やのに…。

    総称すると、オカルト・スプラッタ好きにも、ドラマ好きにも、SF好きにも…みんなにヨイショしちょるコウモリ的な作品。
    まぁ、最近、手垢が付きまくっとる素材・バンパイアもんなんやからコウモリはお似合いかも!?

    可もなく不可もなく中途半端♪けど出演者(特に名前は知りまへんがイーサン・ホークの弟役のお兄ちゃん)は格好えぇでぇ~。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告