デザート・フラワー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

デザート・フラワー

2010年12月25日公開,127分
PG12
  • 上映館を探す

「VOGUE」など多くの一流ファッション誌の表紙を飾るアフリカ出身のスーパーモデル、ワリス・ディリー。自らの生い立ちを記した自伝を、彼女の監修の下で映画化した衝撃と感動のドラマ。エチオピア出身でやはりファッション誌などで活躍する現役トップモデルのリヤ・ケベデがワリス役で堂々の映画初主演を飾る。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ソマリアの貧しい家庭で生まれ育ったワリスは13歳の時、父親からお金と引換えに老人との結婚を強いられたことから、家族の元を離れ、ひとりで英国へ渡る。ロンドンで路上生活を送っていたある日、一流ファッションカメラマンに見出され、ショーモデルへの劇的な転身を果たし、やがて世界的なトップモデルへと昇り詰めていく。

作品データ

原題
Desert Flower
映倫区分
PG12
製作年
2009年
製作国
ドイツ オーストリア フランス
配給
エスパース・サロウ=ショウゲート(提供 新日本映画社)
上映時間
127分

[c]Desert Flower Filmproductions GmbH [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • ほし★ママ。

    4
    2012/1/9

    ※ 路上生活者から世界のトップモデルに!
    ※ 不法滞在からの脱却、その方法は偽装結婚。
    ※ 因習により受けたFGMにより苦しみ続けた半生。 

    それぞれを語ったら、3本の映画が
    撮れてしまいそうな彼女の半生
    言葉は悪いですが、本作はどれもこれも
    盛り込み過ぎな気がします。
    ドキュメンタリー番組のダイジェストを
    シャッフルしてみせている様な 
    お世辞にも「うまい演出」とは言えません。  

    でも、この作品は一人でも多くの人に観てもらいたい。
    危険で、過酷な「因習」だったとしても
    それを信じる者には「絶対」
    それを「間違いだからやめなさい」と
    いくら言っても変わらないかも知れない。

    でも、同じ地球上に住む同じ女性が苦しんでいる事は
    知っておくべきだと思うのです。
    もちろん、男性にも観て頂きたいですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • どすん

    4
    2011/6/5

    ソマリアで親の決めた結婚でからイギリスへ逃げてきて、スーパーモデルになっていくワリス・ディリーさんの自叙伝を基にした映画です。

    これだけで見るとサクセスストーリーです。
    予告もサクセスストーリーに見えます。

    しかし 、(ノ ̄□ ̄)ノ

    しかし

    ソマリアでの慣習、モデルになってからの行動など、サクセスストーリーとしてこの映画を見に行きましたが、途中いろんなことを考えさせられた映画でした。

    主として出てくるのは人権がテーマです。
    女性の人権問題が言われてかなり経ちますが、
    こんな扱いは・・・
    道具なんでしょうか・・・扱いが・・・

    しかし、彼女はそれが当然だと慣習のまま生活をしてきた。

    さらに
    イギリスで市民権を得るための偽装結婚。

    そして、イスラムの教えとして教え込まれたが、
    一切コーランなどの教典には載っていない
    FGM。

    途中目を覆いたくなるような衝動に何度も駆られました。

    彼女の華やかな人生、彼女のターニングポイントは?

    そして最後の国連でのシーン。
    おかしい、と思ったことを伝える勇気に

    がつーん
    ときました。


    この年齢で思いっきり考えさせられた1作でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • パライバ

    3
    2011/4/30

    テーマがもう少し明確な方がいいかな。
    つまり、ワリスのサクセスストーリーか女子割礼か。
    イスラムの風習については余りにも知らない世界のことで、いくらかの予習なしに理解することは難しい。それに比べると極貧の生活から世界のトップに上り詰めていくシンデレラストーリーの方がアピールしやすいのはわかるけれど、ワリスが訴えたいのは女子割礼の方だろうに。
    ワリス役のリヤ・ケベデはトップモデルらしい輝きで大変魅力があるが、ワリスの幼少期を演じる子役たちも世界のトップモデルを演じるにふさわしい美形。見知らぬ情景とあいまってソマリアのエピソードが印象に残る。
    まとめ方次第ではもっと名画になる可能性があった気がする。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告