婚前特急|MOVIE WALKER PRESS
MENU

婚前特急

2011年4月1日公開,107分
  • 上映館を探す

恋に奔放なOLが“たった一人のほんとうの相手”を探して奔走する、ドタバタ婚活コメディ。『蛇にピアス』で演技力を高く評価された吉高由里子が、見た目はいいが性格は最悪のヒロインに扮して弾けたコメディ・センスを発揮。加瀬亮、榎木孝明、バンド「SAKEROCK」の浜野謙太らバラエティ豊かな彼氏たちの配役も見どころだ。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

24歳のチエは自称・合理主義者。時間を有効活用して人生を楽しむべく、包容力のあるバツイチ、経済力のある年上、若さだけがとりえの年下など、用途に合わせて5人の男とつきあっている。そんなある日、親友の結婚に触発されたチエは、男たちを査定。一番のダメ男タナシに別れ話をもちかけるが、逆にふられてしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド=ショウゲート
上映時間
107分

[c]2011「婚前特急」フィルム・パートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • korosuke818

    4
    2013/6/18

    5人の男と同時に付き合っているチエ。親友の結婚を機に、自分も結婚すると決めて、結婚相手の絞り込みにかかる。

    なんかですね、色々と考えさせられる映画ですね…。リアルと言うか、生々しいと言うか。
    実際の恋愛ってきったないよね!映画やドラマみたいに綺麗じゃないよね!て実感できるという。これも映画なのに。

    吉高さんが、万能で、5人の男が全員イケメンで、更に万能で「結婚してください」って言ってくるんじゃだめなんですよね。そういうのも大好きですけど。(^p^)

    妻子持ちの美容師は結婚相手には論外だし、
    年下の大学生彼氏も若すぎて論外だし、
    バイク乗りの人は性格的に自由人すぎて論外だし、
    ほとんど結婚相手には論外な人ばっかり!!

    バツイチの人がこの中では1番いいかなって思ったけど、慎重だし子供いるしで、チエには荷が重い。

    で、田無ですが。

    見た目も性格も収入も何もかも論外で…。一緒にいると楽と言うメリットしかない。

    ここまで観て、全員と切れるのか?と思ったんですが。


    チエは田無を選ぶのです。


    私が思ったのは、
    好きって顔とか収入じゃないよなーてことと、
    どんなにこいつはだめだだめだって頭で思って、欠点が分かってても好きなものはすきなんだよなーてことと、(酒・女・暴力・金・ギャンブルは絶対絶対嫌だけど。)
    楽ってある意味最強なんだよねーてことと、
    どうでもいいと思ってても人にとられるとムカつくことあるよね!てことでした。

    特に、楽って最強だよねは、声を大にして言いたい。結婚なら、一緒にいる時間長いから、なおさらなのでは。

    隣のおばあちゃんの言葉も、心に染み入りましたね。あまり、相手に我慢させちゃいけないよね。喧嘩は生きてるうちにしなきゃね。一方的じゃないやつをね。

    そして。

    最後の吉高さん、かわいかったー!
    しかし、ちゃっかりお腹が大きく&田無君と並ぶと遠近感狂ったみたいになってたw

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • r1ace

    3
    2012/5/4

    これまた掘り出し物。

    俺は吉高由里子って女優さんは特に好きでもなく、
    映画を見終わっても別に好きにもならないし、
    今後も多分、好きにならないとは思うんだが(我ながら失礼な言い​方だw)、

    この作品ではチエという美人だけど性格最悪かつ暴力的な女を
    とても魅力的に演じていた。これは評価せざるを得ない。

    その熱演もあってか、とてもデキがいい映画に仕上がってます。
    終盤の急展開には唖然としたわ。オススメ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    2
    2012/3/17

    池袋・新文芸坐で観ました。
    そこそこ楽しめるコメディでしたが、吉高由里子以外の男達はそれぞれ個性を出そうとしていたがインパクト弱く、今振り返ると「男達はあまり印象にない」という現実です。(例の一人を除いて。)
    お気楽に観れるこういう作品もナカナカ楽しいものです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告