手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく|MOVIE WALKER PRESS
MENU

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく

2011年5月28日公開,111分
  • 上映館を探す

手塚治虫の不朽の名作「ブッダ」をアニメ映画化。仏教の開祖・ブッダになる以前の王子シッダールタと奴隷の少年が、それぞれ己の宿命に苦悩する姿を描く、胸揺さぶられるドラマ。シッダールタの声を吉岡秀隆が、奴隷の少年の母とナレーションを吉永小百合が演じるなど、豪華声優陣が壮大な世界に深みを加えている。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

穏やかな心を持つシャカ国の王子シッダールタは、自国の階級制度に疑問を持っていた。一方、奴隷のチャプラは、強大な軍事国家コーサラ国の将軍を利用し、彼の養子となる。やがて英雄になったチャプラは、シャカ国を狙い、戦争を仕掛ける。戦争を悲しむシッダールタと、好戦的なチャプラは戦場で出会うことになる。

作品データ

原題
BUDDHA
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東映=ワーナー・ブラザース映画
上映時間
111分

[c]2011「手塚治虫のブッダ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

2.9
  • えこう

    4
    2011/6/27

    宗教に携わる者として、どんな犠牲を払っても観ておきたかった作品
    だったかも。終演もまじかになってきて、ようやく鑑賞です。

    本作は誰もが知っているブッダの誕生から出家までを丹念に描いて
    いきます。まず冒頭にいきなり火中に飛び込む兎が映し出された。
    獲物を差し出せない兎が身を持って捧げたというシーンはあまりにも
    有名なお話です。

    出家の要因になったとされる「生・老・病・死」の捉え方も手塚風にう
    まくアレンジされていたと思います。美しい映像、そして声優たちの
    声が観る者を引きつけさせてくれます。

    三田では観客動員が見込めないのか早々にレイトショー1本になったのは
    残念だったけれど、続編に大いに期待を抱かせる内容だったと
    思います。

    アニメ版だから子供から大人まで楽しめるかな。ぜひ劇場に足を運んで
    大画面で観ておきたいそんな作りになっています。第二部、第三部へと
    続く続編が今から楽しみです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ニーチェ45

    4
    2011/6/14

    自分は現在20代の大学4年、巨匠と呼ばれた手塚治虫の作品もまともに読んだことが無い世代…。でも、敢えてそんな世代だからこそ、今回この作品を観て良かったと痛感した。

    本作のプログラムの中で、森下監督がこのように答えている。
    「何故今、『手塚治虫』のブッダなのか?―これは若い世代に向かって打つべき作品だ。色んな物事を哲学的に考える思春期、そんな時期に、漠然と『仏教や宗教』を理解できる作品に出会うのは、非常にいいことだと思ったのです」と。

    (少なくとも)現在(の日本)では当たり前のように、人間の平等というものが根付いているが、それが当たり前でなかったころ、奴隷を容認する身分階層が当たり前だったころ、そんな中でシッダールタが考え抜いた悩みは、計り知れないものだったのではないだろうか。

    手塚治虫も原作を書いた時のインタビューで、この作品は『人間のドラマ』を描いた作品である、と答えている。時間を超えても色あせない一作だろう。

    続編が観たいと感じさせる作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ohba84

    1
    2011/6/13

    ”手塚'を掲げているので、もう少し我慢すると面白くなるのか,,,
    だめでした。

    場面の展開が繋がらず、観終わってからもナニも残りませんでした。鑑賞に値しない映画、久々に鑑賞してしまった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告