映画-Movie Walker > 作品を探す > マリア様がみてる

予告編動画を見る マリア様がみてるの画像

コミックやテレビアニメにもなった、今野緒雪による人気ライトノベルを実写映画化。上級生が下級生を指導する“姉妹(スール)制度”が存在する名門女子高を舞台に、美少女たちの交流を繊細なタッチで活写する。モデルや歌手としても活躍する波瑠が全校生徒の憧れの的である祥子を演じるほか、未来穂香平田薫など、期待の若手女優が多数出演する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 10
レビュー 2
投票 8
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 100% (3)
星3つ 100% (3)
星2つ 33% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

カトリックを重んじ、長い歴史と伝統を誇る日本屈指のお嬢様学校、私立リリアン女学園には、生徒自身の自立性を重んじ、上級生が下級生を指導する“姉妹(スール)制度”が存在する。ロザリオ授受の儀式を行い、“姉妹(スール)”になることを誓うと、周囲からも特別親しい間柄と認められる。お姉様がいることは、下級生にとってはステータスである。リリアン女学園では、一般の学校で生徒会にあたる組織を“山百合会”と呼ぶ。山百合会は、ロサ・キネンシス=紅薔薇さまの水野蓉子(平田薫)、ロサ・ギガンティア=白薔薇さまの佐藤聖(滝沢カレン)、ロサ・フェティダ=黄薔薇さまの鳥居江利子(秋山奈々)の3名と、その妹たちで取り仕切っている。そんな学園で平凡な日常生活を送っていた1年生の福沢祐巳(未来穂香)は、ひょんなことから、全校生徒の憧れの的、ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン=紅薔薇のつぼみである2年生の小笠原祥子(波瑠)から、妹になる申し出を受ける。祐巳はなぜ自分が妹に選ばれたのか分からないまま、薔薇さまたちが主催する学園祭の舞台『シンデレラ』の制作に参加する。

見たい映画に
登録した人
12

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 ジョリー・ロジャー=リバプール=メ~テレ
上映時間 90
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 寺内康太郎
原作 今野緒雪
脚本 寺内康太郎佐上佳嗣
主題歌 CooRie

キャスト

小笠原祥子 波瑠
福沢祐巳 未来穂香
水野蓉子 平田薫
佐藤聖 滝沢カレン
鳥居江利子 秋山奈々
支倉令 坂田梨香子
島津由乃 三宅ひとみ
武島蔦子 広瀬アリス
藤堂志摩子 高田里穂
柏木優 碓井将大

レビュー

思いのほか良かったですよ

投稿者:スッピー

(投稿日:2010/11/23)

原作ファンから見ても、原作のイメージを壊さず、誠実に作った映…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マリア様がみてる