映画-Movie Walker > 作品を探す > ロストパラダイス・イン・トーキョー

ロストパラダイス・イン・トーキョーの画像

鬼才・若松孝ニ、行定勲らに師事した新鋭監督・白石和彌のデビュー作。知的障害を抱えた兄弟と風俗嬢との絆を清々しく描き、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009で「SKIPシティ・アワード」に輝いたほか、各国の映画祭でも評判を呼んだ。主演は映画や舞台、CMなどでも活躍する小林且弥と、演劇界で注目を浴びる内田慈ら。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マンション販売の会社に勤める黒崎幹生(小林且弥)は、実績をあげられず常に上司から叱責を受けていた。ある日、両親を亡くした幹生は、知的障害者である兄・実生(ウダタカキ)と二人暮らしを始める。自分の性欲処理ができない実生のために、ときおりデリヘル嬢を呼ぶ幹生は、秋葉原で地下アイドルとして活動しながら風俗で働くマリン(内田慈)に出会う。自身の部屋さえ持たずに貯金するマリンには、いつか自分だけの島“ファラ・アイランド”を購入したいという夢があった。一方、地下アイドルの取材を続けるドキュメンタリー演出家の酒井は、マリンが実はデリヘル嬢であることをつきとめる。そして彼女が奇妙な関係を続けている実生が10年前、幼女に性的暴行を加えたという過去を知る。酒井は撮影のために、その被害者の父親(奥田瑛二)と実生の再会をセッティングするが、拭いきれない過去の罪から逃げてきたことを幹生は自覚するのだった。そんな中、マリンとの関係も破綻、互いを補うように生きてきた三人はバラバラになってしまう……。果たして彼らは、再会することができるのか。夢に見た理想のアイランドは、どこかにあるのだろうか。だが、それぞれの未来を信じて新たに歩み始めた三人にささやかな奇跡が訪れる……。

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
上映時間 115
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 白石和彌
プロデューサー 大日方教史齋藤寛朗
脚本 白石和彌高橋泉
撮影 辻智彦
音楽 安川午朗
美術 今村力
編集 加藤ひとみ
録音 浦田和治
音響効果 柴崎憲治
照明 大久保礼司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ロストパラダイス・イン・トーキョー