映画-Movie Walker > 作品を探す > パーフェクト・ブルー

高校球児の殺人事件と製薬会社の不祥事が交錯する社会派ヒューマンミステリー。宮部みゆきの長編デビュー小説を基に「Blood ブラッド」の下山天が監督。出演は「天国はまだ続く」の加藤ローサ、「ひゃくはち」の中村蒼、「シュアリー・サムデイ」の津田寛治、「劔岳 点の記」の小市慢太郎、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」の甲本雅裕など。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

超高校級と謳われ将来を嘱望されていた高校球児・諸岡克彦が殺された。彼の父・諸岡三郎(石黒賢)から、もう一人の息子で克彦の弟・進也(中村蒼)の捜索を頼まれていた探偵事務所の蓮見加代子(加藤ローサ)は、進也にかけられた兄殺しの容疑を晴らすべく、父親の探偵事務所長・浩一郎(宅麻伸)、愛犬のマサと共に真相究明に乗り出す。その頃、巨大製薬会社である三友製薬内でも事件が起きていた。三友製薬が過去に開発した薬品の治験方法をネタに、三友製薬に恨みを持つ結城雅之(津田寛治)が恐喝を行っていたのだ。三友製薬社長・幸田俊朗(大杉漣)から内密に処理すべく指示を受けた総務課長の木原和夫(小市慢太郎)は、極秘裏に交渉を試みるが、三友製薬の負の所業を知るにつれ、どう対応するべきか次第に悩み始める。やがて徐々に繋がりをみせる二つの事件。様々な人物が絡み合う中、それぞれの苦悩の果てに見える真相とは……。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 角川シネプレックス(提供 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=WOWOW)
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 下山天
原作 宮部みゆき
脚本 伊藤崇

キャスト

蓮見加代子 加藤ローサ
諸岡進也 中村蒼
結城雅之 津田寛治
木原和夫 小市慢太郎
宮本刑事 甲本雅裕
諸岡久子 藤田朋子
上村大樹 升毅
幸田俊朗 大杉漣
蓮見浩一郎 宅麻伸
諸岡三郎 石黒賢
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > パーフェクト・ブルー