映画-Movie Walker > 作品を探す > ラブコメ

映画化もされた「天国の本屋」の著書、松久淳田中渉の同名小説を映像化したラブ・コメディ。「ROOKIES 卒業」の平川雄一朗がメガホンを握り、勝気で男勝りの女性と草食系と言われる男性との恋をテンポ良く見せる。美人だけれど強いヒロインを演じる香里奈と、気弱で不器用な男に扮する田中圭との息の合ったかけあいが笑いを誘う。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 20
レビュー 3
投票 17
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 36% (4)
星4つ 18% (2)
星3つ 100% (11)
星2つ 27% (3)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

下町で花屋を切り盛りする3代目店長の松田真紀恵(香里奈)と17年ぶりに再会したアニメ脚本家の美晴(田中圭)は、運命の恋に落ちてしまう。しかし、それは真紀恵が元彼・江島(塚本高史)ともう一度付き合い始めるという最悪のタイミングだった。そんな二人を冷やかしながらも見守っているのは、真紀恵の営む松田花店のアルバイト・涼子(北乃きい)と、美晴の作品で声優を務めるバツイチの西島(渡部篤郎)。美人だけど豪快、男勝りな真紀恵に対し、美晴は自分の気持ちをはっきり言い切れず、彼女に振り回されながらも、二人は次第に距離を縮めていく。一方で、涼子と西島のちょっと複雑な恋も進行していた。キャバ嬢・スミレという顔も持つ涼子は、その客として西島と出会った。軽い口調で涼子に近づく西島だったが、一人息子に対する彼の優しさを垣間見、涼子はその姿が心に残って離れない。しかし、西島と前妻との関係を目の当たりにし、涼子の気持ちは揺らいでいた……。そんな中、本当の気持ちに不器用なまま、江島との関係を続ける真紀恵に対し、美晴はある決意をする。やがて、美晴と会えなくなり、江島とも距離を置く静かな日々が続いた後、真紀恵はやっと自分の素直な気持ちに気付き始める。17年越しのこの恋は運命と呼ぶに相応しいある懐かしい記憶に包まれていた……。

見たい映画に
登録した人
15

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 ショウゲート
上映時間 93
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 平川雄一朗
プロデューサー 春名慶安藤親広
原作 松久淳田中渉
脚本 石井薫
撮影 大石弘宜
音楽 高見優
主題歌 WEAVER
ライン・プロデューサー 安田邦弘

レビュー

ほのぼのラブストーリー

投稿者:あおぴー*

(投稿日:2013/03/04)

 全くもって性格の違う真紀恵と美晴が、照れあいながらも一歩一…

[続きを読む]

支持者:0人

異性の為に最後に泣いたのはいつですか?

投稿者:ミチさん

(投稿日:2011/11/20)

私だったらこういうサブタイトルを付けますね。 本当にこうい…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラブコメ