映画-Movie Walker > 作品を探す > 100歳の少年と12通の手紙

100歳の少年と12通の手紙の画像

「地上5センチの恋心」のエリック=エマニュエル・シュミットが、世界中でベストセラーとなった自身の小説を映像化。余命宣告をされた10歳の少年が、ピザ屋の女性と大晦日までの12日間を過ごすさまを描く。主演に抜擢されたのはベルギー生まれの期待の新人アミール。わずかな命だと知りながら懸命に生きようとする少年の姿に感涙。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 32
レビュー 4
投票 28
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 31% (5)
星4つ 100% (16)
星3つ 50% (8)
星2つ 18% (3)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

10歳の少年オスカー(アミール)は白血病を患い、小児病棟に入院している。ある日、病院内で彼と偶然出会った口の悪い宅配ピザの女主人ローズ(ミシェル・ラロック)は、少年たっての希望により、大晦日までの12日間、ピザの宅配を条件に毎日オスカーを訪ねる約束を病院長(マックス・フォン・シドー)と取り交わす。余命宣告をされたオスカーに対し、腫れものに触るような周囲の大人たちの態度とは対照的に、ごく普通に彼と接するローズ。そして彼女は、残された時間の少ないオスカーに、1日を10年間と考え日々を過ごすこと、また毎日神様に宛てて手紙を書くことを教える。初めての恋、結婚、試練、最愛の妻との別離……その日からオスカーは、病院の中で1日ごとに10年分の人生を体験していく……。

見たい映画に
登録した人
34

作品データ

原題 Oscar et la dame rose
製作年 2009年
製作国 フランス
配給 クロックワークス=アルバトロス・フィルム
上映時間 105
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

不思議な世界観

投稿者:じゅりえっと ♪

(投稿日:2014/10/13)

ガッツリ泣いてやるぞっと思って借りました。 このお口の…

[続きを読む]

支持者:0人

「生命」と「死」

投稿者:kaze229

(投稿日:2011/04/17)

フランス人「生命」と「死」のとらえかたが興味深い。 設定に…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 100歳の少年と12通の手紙