アメリカの惨劇 188人を私刑した男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アメリカの惨劇 188人を私刑した男

1989年2月25日公開,0分
  • 上映館を探す

188人を殺した実在の殺人鬼の物語。監督・脚本はマーク・ブレア。製作はセシル・O・レックスロード。撮影はレイトン・ブレイロック。音楽はウィリアム・ペン。編集はシェリ・ギャロウェイ。出演はロバート・A・バーン、デニス・ヒル、バークレー・ギャレットら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ダニエル・レイ・ホーキンス(ロバート・A・バーン)はユタ州の警察の取り調べ室で告白を始めた。彼は15歳のときに人を殺して以来、1万キロ旅をしながら殺人を繰り返してきていた。旅の途中、ムーンとモリーという兄妹と意気投合、凶行に拍車をかける。被害者は188人にも及んだ。

作品データ

原題
Confessions of a Serial Killer
製作年
1987年
製作国
アメリカ
配給
ヘラルド
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?