プリンセス トヨトミ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プリンセス トヨトミ

2011年5月28日公開,119分
  • 上映館を探す

『鴨川ホルモー』の人気作家・万城目学の同名作を映画化した奇想天外な物語。国家予算の使途を調査するために大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、大阪にまつわる底知れぬ謎に巻き込まれていく姿を描く。同じく万城目原作のテレビドラマ『鹿男あをによし』でコミカルな演技を披露した綾瀬はるかが女性調査官を好演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

国家予算が正しく使われているかを調査する、会計検査院の調査官3人が大阪に降り立つ。捜査中、財団法人「OJO」を不審に思い、調査に取りかかるが、のらりくらりとかわされ、証拠はつかめない。それでも食い下がる3人は、大阪全体でなにかを隠していることに気付く。そこに突然、大阪国総理大臣を名乗る人物が現れる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
119分

[c]2011 フジテレビジョン 関西テレビ放送 東宝 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • お水汲み当番

    1
    2020/8/12

    ひさしぶりにクソ映画、見ちゃいました。

    設定はすごく魅力的なんですよ。
    綾瀬はるかもかわいいし。
    彼女の揺れる巨乳が何度も何度も楽しめますし。

    しかし、しかし。
    なんだこりゃ。

    豊臣家末裔が実は大阪に生きていて、大阪の地下組織として大阪国というものがあった、という設定の映画です。
    魅力的な設定でしょう?

    あとは、この設定をどう活かして、観客が予想もできないエンターテイメイトに作り上げられるかというのが映画作りの醍醐味ってものじゃないですか。

    ないんですよ。
    それが、なにも。
    なに一つ。

    魅力的な設定。ぐだぐだの結末。なんじゃこりゃ~~って感じ。

    そう。民主党の登場と鳩山内閣と菅政権の末路を見ているような、そんな、あちゃーーーっ感でした。

    こういう徒労感って、日本の最新流行ですかそうですか。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 刹那

    3
    2013/12/4

    都市伝説が実際に存在しているとしたら、こういう話になっても面白いんじゃないかなと思える内容でした。あと、大阪の個性も出ているところも。

    皆さんの町にある都市伝説も、実際にある話かも知れないですよ^^

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • があこ

    3
    2012/7/31

    あの役に綾瀬はるかを使いたい気持ちは分かる、でも原作通り男子でいくほうがよかったなあと思います。岡田将生もよかったけれど女子がやる方がアクがなくてよかったんじゃないかなあと。
    それこそ綾瀬はるかがゲンズブール役でもよかったんじゃないかなあと思ってしまいました。でも人情にあつい大阪の感じもほろりときました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告