映画-Movie Walker > 作品を探す > 日本のいちばん長い夏

日本のいちばん長い夏の画像

28名の戦争体験者が5時間にわたって終戦について語り合った座談会の再現ドラマに、出演者たちへの取材シーンなどを織り交ぜて描いた異色ドラマ。ジャーナリストの鳥越俊太郎や、アニメ映画監督の富野由悠季など文化著名人たちが再現ドラマの出席者役に扮し、物語に不可思議なリアリティを与えている。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 1
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2010年の夏、1人のテレビ演出家(木場勝己)が、終戦に関するある出来事の映像化を計画していた。彼の父は戦争経験者だが、その口から戦争の話を聞いたことがなく、人生や生き方を語り合ったこともなかった。1945年に復員した父は、戦後どのような思いで生きてきたのか?父の話を聞きたい。彼が映像化を考えたのは、1963年6月20日に開催された座談会『日本のいちばん長い夏』だった。そこでは、終戦時に政治や軍の中枢にいた者から前線の兵士、庶民など28人が一堂に会し、約5時間に渡って終戦について熱く語り合ったのだ。敗戦で焦土と化した日本だったが、奇跡的な復興を遂げ、1963年当時は高度経済成長真っ只中。団地が次々と建設され、テレビや電気冷蔵庫、自動車までもが庶民の手に届くようになった時代。翌年には東京オリンピック開催も決定しており、まさに日本中がお祭りのような明るさの中にあった。そんなときに、この座談会を企画したのは当時、雑誌の編集部員だった作家の半藤一利(池内万作)だった。演出家は半藤への取材を敢行し、同時に当時の座談会の再現を試みる。演じるのは俳優だけでなく、現在第一線で活躍する多数の文化人という異色のキャスティング。撮影の合間には彼らにも取材を行い、それぞれの戦争観を問う。中には終戦時、まだ生まれていなかった者も。ここで語られるのは、“日本政府はなぜポツダム宣言を最初黙殺したのか?”、“ソ連を仲介とする和平工作の失敗から見えてくるものとは?”、“ポツダム宣言受諾から8月15日の終戦までの経緯”、“当時の庶民の生活や意識、また戦地の兵隊たちの想いとは?”、さらには原爆投下、沖縄の惨劇など、議題は多岐にわたりながら、さまざまな立場、さまざまな世代による多角的な意見の交換は、やがて戦争の真実を明らかにしていく。それは演出家にとって、果たせなかった父との初めての対話でもあった……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 アマゾンラテルナ(配給協力 ティ・ジョイ)
上映時間 111
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 倉内均
製作 與田尚志
プロデューサー 堤啓介紀伊宗之下温湯健
原作 半藤一利
脚本 倉内均
撮影 三好保彦
音楽 小熊達弥
音楽プロデューサー 青山勇
美術 掛幸善
録音 森英司
記録 村上律子
音響プロデューサー 桑木知二
助監督 岡村明
監督補 河村毅
照明 石田厚
美術ディレクター 古市百人
VE 黒木禎二
リサーチ 塚本聖子

キャスト

演出家 木場勝己
半藤一利 池内万作
楠政子 キムラ緑子
迫水久常 湯浅卓
松本俊一 中村伊知哉
岡本季正 青島健太
吉武信 小田豊
佐藤尚武 山本清
富岡定俊 早川純一
大岡昇平 林望
今村均 富野由悠季
荒尾興功 重松収
池田純久 鳥越俊太郎
徳川夢声 立川らく朝
有馬頼義 島田雅彦
志賀義雄 田原総一朗
館野守男 瀬川菊之丞
村上兵衛 市川森一
鈴木一 松永英晃
上山春平 山本益博
会田雄次 江川達也
岡部冬彦 武藤兼治
ルイス・ブッシュ デイヴィッド・ディヒーリ
池部良 柚原旬
南部伸清 加納竜
扇谷正造 松平定知

レビュー

伝えていかなければならない事実は

投稿者:○○

(投稿日:2010/08/18)

ある。 今の人はこの映画の事実を殆ど知らない。 教育もさ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 日本のいちばん長い夏