TOP > 上映中の映画作品を探す > 恋愛戯曲 私と恋におちてください。 > レビュー

投稿レビュー(7件)恋愛戯曲 私と恋におちてください。は星2つ

作家とプロデューサーの理想の関係。 (投稿日:2011年11月8日)

若干安っぽい感じが否めないのですが、ヒロイン深田さんのどんだけ高飛車だろうが失われない可愛らしさと、椎名桔平さんの大人な男の魅力で最後まで引っ張ってもらえる作品でした。

創り手として舞台や映像のお仕事をされている鴻上さんの作品だけに、ドラマづくりの裏側が皮肉をこめて描かれているのがおもしろい。制作、編成、営業の滑稽なくらいのてんやわんやぶりは、決して誇張されたものではないのでしょう。ものを創るのは喜びですが、それが商品であり、いろんな人々の思惑が絡むとどうしても軋轢が生じる。純粋な気持で創っている作家さんほど辛い思いをするんだと思います。業界の皆さんは多忙です。本作で描かれる脚本家とプロデューサーの理想的な関係は、椎名さん演じる向井が敏腕Pでなかったからこそ実現したわけで、作家がここまで気持や時間を割いてもらえるなんて実際にはなかなかなさそうな気がします。だから物語になるのかもしれません。

舞台版のほうは永作博美さん×筒井道隆さん主演、出演者は全部で5人だったそうです。現実と創作の世界が入り混じるあたりのおもしろさはやはり、一人の役者がその場で何役も演じる演劇のほうがより味わえそうです。 »ガイドライン違反報告

投稿:McCOY

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

時間との戦いに手に汗にぎります。 (投稿日:2010年10月6日)

とにかく楽しく2時間が過ごせました。
話が脚本家のカンヅメということで「時間」という目に見えない敵にいつも攻められている感じで常に緊張感がありました。

筆が進まない美人脚本家と急に部署換えになって担当についたプロデューサー、そのプロデューサーに任せられなくて暗躍するTV会社の複数の部署。
それらが時間とともにヒートアップしていくわけですから面白くないわけないです。

また、舞台裏が垣間見れるということで新鮮でもありました。

»ガイドライン違反報告

投稿:くまっち

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

深キョンが可愛ぃ~♪ (投稿日:2010年9月28日)

予想以上にキュートでオモロいラブコメに仕上がっちょりました。
なんせ、深キョンが可愛ぃ~から♪この役にフィットで観客の視線を釘付けにしてくれよりま。

ほんま、この映画の見所は彼女の可愛さ…可愛さのみで…他はおまへん!残念!!
一番残念なんが、劇中劇、ヒロインが悪戦苦闘する脚本がオモロない…せめてミュージカルやポップな映像で楽しませてくれりゃぁ~よかったのに。

とにかく、深キョンは可愛い♪そこは見応えあり!
後はテレビで充分かなぁ~。 »ガイドライン違反報告

投稿:koni

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

それなりに楽しめました「恋愛戯曲」 (投稿日:2010年9月25日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

深キョンも桔平も、今までとはひと味違った
役どころで、それなりに楽しめました。

物語の流れ的には、向井(椎名桔平)の過去を
サプライズで使うのではなく、物語の早い段階
で公表し、谷山(深田恭子)の良き理解者として
表現した方が、観客は恋愛戯曲として
もっと盛り上がった視点で感情移入のではと、
思いました。

また周囲の騒音として、テレビ局内部の
スポンサー、営業、編成、製作の絡み合いを
もっとコミカルに強調して描いた方が、
作家とプロデューサーの恋をずっとずっと
際ただせたのではと考えました。 »ガイドライン違反報告

投稿:makaberokurouta

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

TVドラマで十分 (投稿日:2010年9月17日)

この映画、ちょっとコミカルな感じで、役者はそろってるんだけど、ちょっと安っぽい。
TVの2時間ドラマでもいいんじゃないって感じでした。

二枚目役の塚本高史はわざとらしいし、ちょっとキモイ!!
やっぱ三枚目役でも椎名桔平の方がだんぜん素敵!!
深キョン、一時より痩せて綺麗になりましたね。

ま~ぁ、お金出して観るほどでもないです。 »ガイドライン違反報告

投稿:barney

評価:1
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

恋愛戯曲 私と恋におちてください。 (投稿日:2010年9月16日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

「リポデーよりも
もっと確実な栄養剤」

〈チラ裏〉
体調悪くて、実はちゃんと全部みていないんだけど…

もっと欲を言えば、題材と椎名桔平がしっかりしているので
ブラッシュアップしたらもっといいものになったかと…

ラストシーンを見るための映画です。
中身じゃなくて雰囲気を楽しみましょう

http://koiochi-movie.jp/
»ガイドライン違反報告

投稿:kapo

評価:0
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

なかなか良かった。今年最強? (投稿日:2010年9月13日)

9/13試写会にて。
深キョンはあまり観たことはなかったけど、なかなかやるジャンという感じ。名優椎名桔平が食われている。
鴻上尚史の舞台を自ら映画に仕立てたということで、演劇ならではの技法が多い。例えば、深キョンと桔平は3つの物語のキャストであるが、演劇では、ちょっとした工夫で、3つの物語を同時進行させることができて、観客もハラハラドキドキさせられる。
映画は、もともと切った/貼ったの世界だから、3つの物語の同時進行も、ある意味当たり前にできてしまう。ドキドキ感がない。この辺はちょっと計算違いか。
にも関わらず、井上順、清水美沙、西村雅彦の社内の勢力争いも面白いし、塚本高史の役どころも忘れがたい。つまりは一流の俳優が一流の仕事をしていて、これで面白くないはずがない。
背景に高層ビルばかり出てくるのは、何かの象徴か。未来都市のイメージだが、逆に殺伐感も。 »ガイドライン違反報告

投稿:ミチさん

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 恋愛戯曲 私と恋におちてください。 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る