映画-Movie Walker > 作品を探す > おのぼり物語

漫画家カラスヤサトシの自伝的4コマ漫画の映画化。関西から上京してきた漫画家志望の青年が繰り広げる悲喜こもごもの日常を描く。『エリザベート』などのミュージカルで注目を集める井上芳雄が映画初主演。共演に「ハッピーフライト」の肘井美佳。黒沢清、塩田明彦などの元でキャリアを積んだ毛利安孝の長編監督デビュー作。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (1)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

無計画で夢見がちな売れない漫画家カラスヤサトシこと29歳の片桐聰(井上芳雄)は、ある朝思い立って、突然大阪から上京する。部屋探しをしても、貧乏ゆえに訳あり物件ばかりを勧められる中、やっと見つけたのはアパート“松風荘”。そこでは、生きた毛ガニをプレゼントしてくるロシア人や、片桐に恋心を抱く青年など個性的な住人たちが賑やかに暮らしていた。上京して一週間、ようやく“おのぼり生活”も軌道に乗りかけた頃、突然唯一の連載雑誌が休刊。片桐は“貧乏な漫画家”から、ただの“漫画家を夢見る無職の男”となってしまう。そこへ、先に上京していた高校の同級生、野島由美子(肘井美佳)から連絡が。片桐が“先輩”と呼ぶ由美子は大阪の専門学校を卒業後、カメラマンになる夢を追いかけて上京していたが、未だにアシスタント。30歳目前の2人は、ともに才能と年齢の間で悩んでいた。それでも互いに励ましあい、片桐は漫画を、由美子は写真をそれぞれ出版社に持ち込む。だが、そう都合よく物事が運ぶわけもなく、“面白くない”、“古い”といつものように一蹴されてしまうのだった。さらに追い討ちをかけるように、アパートのオーナー田渕(哀川翔)からは、松風荘を取り壊すための立ち退き勧告を受ける。踏んだり蹴ったりで弱気になった片桐は、実家に戻ることを考え始める。漫画家の夢を諦めかけた夏の終わり…。そのとき、母の景子から電話が入る。父の章雄(チチ松村)にガンが見つかったというのだ。慌てて大阪に戻る片桐だったが、病床の父を安心させられるような報告を何一つできず、自分の不甲斐なさを思い知る。職なし、コネなし、貯金ゼロの漫画家志望片桐聰。彼の夢の行方は一体どうなるのか……?

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 114
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 毛利安孝
プロデューサー 伊藤明博堤静夫村田亮
原作 カラスヤサトシ
脚本 毛利安孝村田亮
撮影 水口智之
音楽プロデューサー HΛL
主題歌 Sonic Generation
美術 古積弘二
編集 佐藤崇
録音 岩丸恒
スチール 西永智成
照明 関輝久
装飾 山本直輝

レビュー

ほっこり、じんわり、ほっこり。

投稿者:Q太郎

(投稿日:2011/02/13)

期待に胸膨らませ東京へ出て来てはみたものの、現実はそうそう甘…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > おのぼり物語