映画-Movie Walker > 作品を探す > 舞台「NECK ネック」

『阿修羅ガール』などで知られる作家、舞城王太郎が共通のモチーフから書き下ろした2つの新作を舞台と映画の二形態で公開する“NECKプロジェクト”。本作は2010年2月に青山円形劇場で上演された舞台版を収録した映像作品。出演は「ハルフウェイ」の溝端淳平、「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」の鈴木浩介

3/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

これまで作品が“映像化不可能”と評されてきた作家の舞城王太郎が、映像化を念頭に新しく書き上げた作品。首から下が動かないという状況で一番怖いことが起こるというシチュエーションのみを共通させ、映画版と舞台版でそれぞれ異なる物語が展開。“人間の想像力”に焦点を当て、恐怖の妄想が現実化するという奇想天外なストーリー。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
上映時間 120
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

演出 河原雅彦
プロデューサー 山田雅子松田誠
アソシエイト・プロデューサー 高橋麗
原作 舞城王太郎
脚色 河原雅彦
企画 山田雅子
劇作 竹内佑
衣装デザイン 神波憲人
音楽 和田俊輔
美術 片平圭衣子
照明 佐藤啓

レビュー

映画「NECK ネック」

投稿者:刹那

(投稿日:2013/2/19)

タイトルから音楽系の作品かな?と思って観ましたが、杉菜のお化…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 舞台「NECK ネック」