TOP > 映画作品を探す > ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女の画像

12歳の姿で生き続けるバンパイアの少女といじめられっこの少年との出会いを描くスウェーデン発のファンタジー。トライベッカ映画祭グランプリなど海外の映画祭で好評を呼んだ。

4/5
総評価数 119
レビュー 13
投票 106
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (35)
星4つ 25% (45)
星3つ 25% (30)
星2つ 0% (5)
星1つ 25% (4)
見たい映画に
登録した人
87

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

いじめられっこの12歳の少年オスカーはある日、自宅前の中庭で黒髪の少女エリと出会う。同じ年ぐらいに見えた彼女は、町から町へと移り住みながら人間の血を吸っている、200年近くも生きているバンパイアだった。

作品データ

原題 Lat den ratte komma in
製作年 2008年
製作国 スウェーデン
配給 ショウゲート(提供 ショウゲート=インターフィルム)
上映時間 115
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

ボカシをいれるのが間違ってる

投稿者:てと

(投稿日:2017/4/15)

クライングゲームでボカシをいれたのでストーリーがわからなくな…

[続きを読む]

支持者:0人

極めて平凡…高評価の理由がちょっと分かりません

投稿者:まこと

(投稿日:2013/5/25)

銀座テアトルシネマ《さよなら興行第二弾》で鑑賞 『裏切…

[続きを読む]

支持者:0人

僕も切ないです。

投稿者:tadashi

(投稿日:2011/5/1)

いじめは終わらない 永遠に続く戦いなのか? それは吸血鬼…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

北欧映画の中でも随一の独創さ!『ボーダー 二つの世界』が描く”境界線(ボーダー)”とは?
北欧映画の中でも随一の独創さ!『ボーダー 二つの世界』が描く”境界線(ボーダー)”とは?(2019年10月17日 21:00)

『ミレニアム』シリーズのヒット以降、北欧は独創的で良質のスリラーを産む土壌として、すっかり定着した感がある。そんな流れの中でも、現在公開中の『ボーダー 二つの世…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ぼくのエリ 200歳の少女