映画-Movie Walker > 作品を探す > 掌の小説

川端康成原作『掌の小説』を、「アコークロー」の岸本司、「Lost & Found」の三宅伸行、「美式天然」の坪川拓史、「最後の言葉dear beloved」の高橋雄弥が監督したオムニバス映画。出演は、「天使の恋」の吹越満、「リンダ リンダ リンダ」の香椎由宇、ドラマ『純情きらり』の福士誠治ほか。

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

「笑わぬ男」路地裏にあるアパートで暮らす売れない作家の男(吹越満)と、その妻(夏生ゆうな)。病床に臥す妻は自分の死期が近いのを感じているのか、毎夜、細くなった白い足を夫に擦らせていた。ある日、桜が見たいという妻のために、男は桜が咲く裏山に向かう。「有難う」私婦の菊子(中村麻美)は毎晩違う男と寝ている。しかし彼女はいつも、今はもう会うことのないある青年(長谷川朝晴)のことを思い出していた。その青年は、菊子の故郷の乗り合いバスの運転手で、“ありがとさん”と呼ばれていた。ありがとさんはバスの中から、通り過ぎる馬車や大八車、馬にもありがとうと声を掛けていた。桜の咲く季節に、幼い菊子はありがとさんのバスに揺られ、街へと売られてきたのだった。「日本人アンナ」私(福士誠治)はある寒い日、財布をすられる。すった相手は、毎晩街の映画館でロシアの歌を歌っているロシア人の少女・アンナ(清宮リザ)だった。アンナに魅せられた私は、彼女が暮らす木賃宿を突き止める。私は夜な夜な彼女の隣の部屋へ通い、襖の奥からその姿を覗いていた。しかしある朝、アンナは忽然と姿を消してしまう。翌年の春、私は桜の木の下で、アンナによく似た美しい少女と出会う。「不死」新太郎(奥村公延)は、毎日同じ木の下で凧を揚げていた。ある日新太郎は街の雑踏の中で、今は亡きかつての恋人・みさ子(香椎由宇)の姿を見かける。新太郎とみさ子は手を取り合い、桜の木へと向かって歩き始める。そこは、みさ子が死んだ場所だった。新太郎は、満開の桜の木の下で凧を揚げる。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 エースデュース(配給協力 グアパ・グアポ)
上映時間 80
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 坪川拓史三宅伸行岸本司高橋雄弥
プロデューサー 浅野博貴坪川拓史小林洋一
原作 川端康成
撮影 板垣幸秀八重樫肇春
音楽 関島岳郎
主題歌 Kagrra
美術 太田喜久夫井上心平
録音 山方浩
照明 田中利夫
衣装 宮本まさ江
メイク 清水ちえこ
特機 枡井正美

キャスト

吹越満
夏生ゆうな
菊子14歳 寉岡萌希
菊子22歳 中村麻美
信吾 長谷川朝晴
福士誠治
アンナ 清宮リザ
私の妹 菜葉菜
みさ子 香椎由宇
新太郎 奥村公延
木賃宿の番頭 小松政夫
友人K コージー冨田
保子 星ようこ
老人 森下哲夫
木賃宿の女中 内田春菊
活動写真館の使用人 内田紳一郎
豆腐屋のオヤジ 有川マコト
三浦佳子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 掌の小説