あしたのジョー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あしたのジョー

2011年2月11日公開,131分
  • 上映館を探す

ボクシング漫画の金字塔として、幅広い層から支持を受ける「あしたのジョー」を山下智久&伊勢谷友介主演で実写映画化。昭和40年代を舞台に、ボクシングを通して不思議な絆で結ばれていく2人の男の姿を「ピンポン」の曽利文彦監督が描き出す。丈のトレーナー、段平に扮した香川照之の怪演にも注目だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和40年代の東京の下町。殺伐とした毎日を送る丈は元ボクサーの段平にボクサーとして見出されるが、問題を起こして少年院へ。そこで丈はプロボクサーの力石と運命的な出会いを果たす。一足先に少年院を出た力石はリングに復帰し連勝街道を驀進、丈は段平との特訓を経て人気ボクサーに昇りつめる。そして2人は拳を交えることに。

スタッフ

曽利文彦

監督

梶原一騎

原作

ちばてつや

原作

篠崎絵里子

脚本

宇多田ヒカル

主題歌

濱名一哉

エグゼクティブプロデューサー

伊與田英徳

企画

大原真人

アソシエイト・プロデューサー

渡辺敬介

アソシエイト・プロデューサー

葭原弓子

アソシエイト・プロデューサー

吉田浩二

ライン・プロデューサー

橋本桂二

撮影

石田健司

照明

佐々木尚

美術

松野忠雄

SFX/VFX/特撮

高橋哲也

音楽

北里玲二

音楽

中村淳

録音

副島宏司

助監督

坪内一

製作担当

竹岡実

製作担当

梅津正彦

ボクシング監修

渡辺香

製作

藤島ジュリーK.

製作

島谷能成

製作

服部洋

製作

吉羽治

製作

辰巳隆一

製作

羽雁彰

製作

遠藤和夫

製作

松田英紀 

製作

北山有一郎

製作

松本哲也

製作

坂本香

製作委員会

長松谷太郎

製作委員会

原藤一輝

製作委員会

森谷朋子

製作委員会

市川南

製作委員会

山内章弘

製作委員会

小野田光

製作委員会

白石統一郎

製作委員会

横山真二郎

製作委員会

石黒研三

製作委員会

赤羽秀

製作委員会

谷澤伸幸

製作委員会

針生雅行

製作委員会

高田洋一

製作委員会

井口真一

製作委員会

岩井正也

製作委員会

日高英雄

製作委員会

芝野昌之

製作委員会

谷紳一郎

製作委員会

柴田三穂子

製作委員会

伊藤司

製作委員会

岡崎剛之

製作委員会

横地晶子

製作委員会

安部正実

製作委員会

神野有可

製作委員会

武田信二

製作委員会

飯島雅宏

製作委員会

井上一茂

製作委員会

倉富清文

製作委員会

堤庄一郎

製作委員会

寺井到

製作委員会

山本文

製作委員会

杉崎友成

製作委員会

菊地健志

製作委員会

橋本吉史

製作委員会

小玉満

製作委員会

橋本能成

製作委員会

山根恒

製作委員会

前原健一郎

製作委員会

濱野祐司

製作委員会

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
131分

[c]2011 高森朝雄・ちばてつや/「あしたのジョー」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • 行くぜフィリピン!

    2016/3/20

    あしたのジョーのオリジナルアニメを見尽くした立場からすると、殆ど価値が無い作品でした。
    オリジナル全く無視でジョーの活きの良さが無い事、瘦せすぎ段平、林のり子が出ていないこと。サチにインパクトが無い事。香里奈じゃ白木葉子は役不足なこと。
    1、オリジナルのジョーはハッチャキ活きの良さが見所、あおい輝彦の活舌と毒舌は全く見られず、ただおとなしいだけの山下ジョーに退屈すら感じた。ジョーはカッコいいのではなく破天荒さが売りなのに、カッコ悪いのに役に嵌れずカッコばかり下手な芝居を繰り返す山下智久はジョーに似ても似つかない。
    2、細川丹下もオリジナルの風体に似つかない。オリジナルの丹下はジョーの倍程度は肥えていて低身長でかい顔かつドスの効いた濁声が売りで、そうだからこそジョーとのデコボココンビが目立つのにそこの配慮が全く無い。せめてプロテクター履かせて丸々太らせて声を枯らせばよかったのに。
    3、林のり子が出ていない。オリジナルでは白木葉子、ジョー、のり子の微妙な三角関係も面白かったのに、純情無垢で葉子に嫉妬するのり子の感情推移もおもしろかったのにそれが無いのは残念。
    4、サチはもっとインパクト強くして山谷のドヤ街の生意気で悪ガキなイメージで良かったのではないか。
    5、白木葉子が香里奈では役不足だった。しいて言えば奈々緒あたりの完璧な高身長スレンダーで極めつけのクールビューティが抜擢だったのでは、香里奈の幅広顔で泥臭い感じでは全くダメ。
     山谷、泪橋のイメージは良く出ていた。力石役の伊勢谷友介は完璧な役作りには感服したし大抜擢だと思う。西もオリジナルに近く良い味だった。
    全般的オリジナルアニメに忠実さが欲しかった。ジョーと丹下がダメな時点で最悪だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 永賀だいす樹

    4
    2013/3/11

    原作をリアルタイムで楽しんだ世代ではないので原作との比較はできないまでも、断片的に入ってる情報と限りなく合致する映像を追及した作品だなと思います。
    矢吹丈と力石徹との因縁にクローズした構成も見事。映画という尺の短いコンテンツで、過不足なく作品世界を表現していると感じました。
    パンチを食らったときの顔のゆがみ、重量コントロールの過酷さ、力石演じる伊勢谷友介氏の身体の作り込み。ある面でアニメを彷彿とさせ、ある面では役者の本気度を感じさせる仕上がりだと思います。

    ただ残念に感じたのは、山下智久演じる矢吹丈が清潔すぎること。
    丸ごと再現したドヤ街の汚さが秀逸なだけに、ジョーがどうにもきれい過ぎるのは浮いて見えます。
    ランニングを終えてジムに帰ってくるというのに、汗も感じずさわやかなのはいかがなものか。
    コンテンツが男勝負な作品なのだから、そこは徹底して小汚くてもいいんじゃないかと思うのは僕だけではないはず。力石のストイックさが半端ないだけに、ジョーの小奇麗さは違和感ありまくり。
    役者だけで女性客をゲットしようというプロデューサーの浅はかさが透けて見えそうです。

    まぁ、そうでもしないと制作費の捻出が難しいコンテンツなのかもしれませんが。

    レンタルしたDVDには、力石演じる伊勢谷氏の入れ込みっぷりが存分に把握できます。
    彼は徹底した役者なのだと感じる次第。
    香川照之氏の丹下段平も、いささか作り込み過ぎな気がするものの、そういうものだと見てしまえば立派なものだと拍手したい。
    出演者たちの「あしたのジョー」に対する思い入れが伝わってくる一作。

    では評価。

    キャスティング:7(伊勢谷=力石は秀逸、山P=ジョーは過不足なし)
    ストーリー:8(マンガ原作知らない人にも無理のない展開)
    映像:8(少しばかり小奇麗な気がするものの、全体的な小汚さは伝わってくる範囲)
    作り込み:8(原作知らなくてもイメージ通りな作風)
    パンチ:6(素人ならごまかされるレベル)

    というわけで総合評価は50満点中37点)。

    男臭さを現代風に体感したい人にはオススメ。
    リアリティ度返しで、きれいな汗にメロメロになりたい女子には特にオススメ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    3
    2012/3/17

    「あしたのジョー」観て来ました。自分は、少年マガジンの連載を毎週読んで育った世代なので、本作の公開をとても楽しみにしていました。全般的にテンポよく物語が進み、マンガのツボは押さえた流れが心地良かったです。特に、矢吹丈(山下)と力石徹(伊勢谷)の二人の筋肉体は凄まじく、特に拳闘シーンでの肉体のぶつかり合いが印象的でした。ただ、自分としては「原作の不要なアレンジ」や「ラストの終わり方」に不満が残ったため、満点は付けられませんが、大きなスクリーンで観て迫力を楽しむ作品だと思いますので、映画館で観るべき作品だと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告