映画-Movie Walker > 作品を探す > レポゼッション・メン

予告編動画を見る レポゼッション・メンの画像

人工臓器が普及した近未来を舞台にした、ジュード・ロウ主演のサスペンス・アクション。人工臓器の"回収"を巡る、債務者と回収者とのスリリングな闘いを映し出す。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 58
レビュー 8
投票 50
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 26% (8)
星4つ 33% (10)
星3つ 100% (30)
星2つ 30% (9)
星1つ 3% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

近未来。政府は財政破綻を宣言、世界各地で戦争が続く中、人工臓器の移植は巨大ビジネスと化し、供給元のユニオン社は心臓や腎臓、肝臓から眼球や鼓膜、膀胱まで様々な“商品”を高利ローンで売りさばき、莫大な利益を上げていた。購入者のローン支払いが一定期間滞った場合は“レポゼッション・メン(通称レポ・メン)”が債務者から手際良く、そして情け容赦なく人工臓器を取り立てる。それは時に債務者の死を意味するが、全ては合法的に行われていた。その昔、レミー(ジュード・ロウ)は親友ジェイク(フォレスト・ウィテカー)と共にユニオン社に就職。常に冷徹に仕事をこなし、超一流のレポ・メンとなってボス、フランク(リーヴ・シュレイバー)の信頼を得ていた。だがある日、債務者の人工心臓を停止させる電気ショック装置がショートし、レミーは吹き飛ばされて気絶する……。彼が病院のベッドの上で目覚めると、ユニオン社の人工心臓に繋がれていた。自分が債務者になるなどゴメンだと思いながらも、自前の心臓は既に使い物にならなくなっている。まもなくレミーは回収の仕事に復帰するが、いざ取り立ての段になると手が震え、メスを振るえない。成果を上げられぬまま時は過ぎて支払いは滞り、遂には最後通告が届く。しかしレミーはジェイクがお膳立てしてくれた簡単な回収作業さえやり遂げられず、それどころ彼は仕事を放り出し、ドラッグの禁断症状で倒れていたクラブ歌手ベス(アリシー・ブラガ)を救うという自分でも意外な行動に出るのだった。ベスは10個の人工臓器を持ち、その代金を払えぬまま逃亡生活を続けていた。今やレミーもレポ・メンに追われる身。互いの孤独に共鳴し、惹かれ合いながら二人は廃墟に潜み、生き延びるための策を練る。かつての親友ジェイクに追われる中、レミーは全てを清算するために、自分とベスの顧客データを書き換えるべくユニオン社ビルへ潜入する……。

見たい映画に
登録した人
43

作品データ

原題 Repo Men
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 111
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

発想は面白い。

投稿者:tom

(投稿日:2011/09/10)

人工臓器の取り立てとは面白い発想ですね。 アイデアはいいけ…

[続きを読む]

支持者:0人

B級SF好きには秀作です。

投稿者:ayoihs

(投稿日:2010/07/04)

近未来の設定がSF好きにはたまらなくいい感じです。都市の摩天…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > レポゼッション・メン