ウォール・ストリート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ウォール・ストリート

2011年2月4日公開,122分
  • 上映館を探す

オリバー・ストーン監督&マイケル・ダグラス主演で非情なマネー・ゲームを描いた『ウォール街』の23年越しの続編。現代のウォール街を舞台に、堕ちたカリスマ投資家ゴードン・ゲッコーと、彼に接近する金融トレーダーの青年が、危険な駆け引きを繰り広げる。シャイア・ラブーフやキャリー・マリガンら若手注目俳優の共演も話題。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

インサイダー取引で逮捕・収監されていたかつてのカリスマ投資家ゲッコーが、8年の服役を終えて出所した。勤務先の破綻で職を失い、慕っていた恩師の経営者も亡くしてしまった青年ジェイコブは、恋人ウィニーの父親であるゲッコーに接近。恩師を自殺に追い込んだ業界の黒幕ブレトンに復讐するため、ゲッコーに取引をもちかける。

作品データ

原題
WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS
映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
122分

[c]2010 TWENTIETH CENTURY FOX [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • お水汲み当番

    2
    2020/7/29

    もしも入試の問題で、
    「この映画のストーリーを15文字にまとめなさい」
    と出題されたら、
    「勝つ側に賭けた人が幸せになった」
    と解答すると満点がもらえるのかも。

    観る側としては、「なぜ、勝つ側に正しく賭けることができたの?」という部分こそ楽しみたいはずなので、映画のプロットとしては失格。

    これは20年以上前に出た、邦題「ウォール街」の続編なんですが、前作は、「なぜ勝つ側に賭けられたのか」という疑問について、「それはインサイダー取引をこんなふうにやっているからなんだよ」と、観客を圧倒的な説得力で納得させてくれるストーリーだったのですけどね。

    だから、シナリオのレベルとして見ると、前作とは比較にならない愚作です。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • tamauta

    3
    2012/4/26

    ラストにかけてしゅんとしぼんでしまった感じ。

    ウォール街はまだ未見なのでそちらを見てみたいなと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • gontasecond

    3
    2012/2/6

    ゲッコー(オリバー・ストーンも)萎えちゃったんですかね、経年とリーマンショックで。
    バブル期の方はもっとワクワクしたんですが・・・
    続編は今もギラギラしてパーティーに出席してたチャーリー・シーンを20年後にお願いします。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告