人生の高度計|MOVIE WALKER PRESS
MENU

人生の高度計

1933年公開,0分
  • 上映館を探す

「愛の鳴咽」のカザリン・へプバーンが主演する映画で、ギルバート・フランコー作の舞台劇を「めくらの鼠」のゾー・エイキンスが脚色し、「我等は楽しく地獄へ行く」のドロシー・アーズナーが監督し、「不思議の国のアリス(1933)」のバート・グレノンが撮影したもの。相手役は「明日の太陽」のコリン・クライヴで「愛の鳴咽」のビリー・バーク、「永遠に微笑む」のラルフ・フォーブス、「北海の漁火」のヘレン・チャンドラー、「海の密室」のジャック・ラルー、「大帝国行進曲」のアイリーン・ブラウン等が出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

宿命の2人が始めて相会ったのは、偶然のことから、ある徹夜の騒宴の席上にそれぞれ連れられて来られた時であった。その1人、名誉ある国会議員のクルストファー・ストロング卿は20年間その妻に対して忠実無比の模範的良人として。また由緒ある貴族の遺児シンシア・ダーリントンは世界的女流飛行家として空の征服に忙しいために既に20才を過ぐる今日まで恋を知らぬ処女として。娘のモニカがなお宴会を去るのを肯地内ので、飛行場へ赴く途中のシンシアの自動車でクルストファーは奥ってもらうこととなり、誘われるママに彼女が操縦する飛行機で暁闇の大空を天翔けたのであった。この時からクルストファーの旨にはシンシアに対する密やかな愛の焔が燃え始めたのである。かくて2人は信じ合う友として親しく交際した。ストロング夫人は愛する女の敏感さで、夫の合いがシンシアに移って行くのを知り、それを防ごうとつつましい努力を続けたが、果敢なくもその甲斐はなかった。あるアメリカ富豪が企てた世界1周飛行競争に、シンシアが参加した時、クルストファーも政府の命で某重大使命を帯びて、ニューヨークへ赴いた。彼はシンシアの冒険飛行を思えば一刻も胸は静まらず、今更彼女に対する愛の断ち難さを痛感した。シンシアが女性の身で記録的大飛行に成功して1着の栄冠を得てニューヨークに着くやクルストファーとシンシアは、愛し合う同志が辿るべき所まで至ったのである。2人がロンドンへ帰って後、クルストファーはシンシアとの道ならぬ恋を諦め様としたが、諦め得ず再び相逢った時、シンシアは身重となったことを告げた。彼は義務としても、貞淑な妻を離別しなければならないと言った。その言葉を聞き、また2人の愛を知ったモニカに激しい憎悪の呪いを投げられて、シンシアは愛するクルストファーのために、高度飛行に新記録を作った後、自らを愛機と共に粉砕すべく、遥なる大地へ向かって急下降したのである。

作品データ

原題
Christopher Strong
製作年
1933年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?