運命のボタン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

運命のボタン

2010年5月8日公開,115分
  • 上映館を探す

100万ドルの大金を受け取り、見知らぬ誰かの死を受け入れるか否かを選ぶ“ボタン”をめぐるサスペンス・スリラー。キャメロン・ディアスが究極の選択を迫られる女性を妙演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、押せば100万ドルが手に入る代わりに、見知らぬ誰かが死ぬという“ボタン”を手に入れたルイス夫妻。24時間以内に決断を下さなければならないその選択に迷いながらも、やがて2人はボタンを押してしまう。

作品データ

原題
The Box
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
ショウゲート(提供 博報堂DYメディアパートナーズ=ショウゲート)
上映時間
115分

[c]2009 MRC II DISTRIBUTION COMPANY, LP. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.6
  • wan

    3
    2016/8/14

    後だしじゃんけんの様なずるい報い!「聞いてないよ~」では済まされない結果と、不気味な生徒の行動に何か後味が悪かったです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • キネマ白道

    5
    2013/5/28

    これは

    あのマシスンの原作です。

    といえばもうお分かりですね?

    「あるひどこかで」、「奇跡の輝き」「リアルスティール」「アイアムレジェンド」

    のあのマシスンです。

    内容は、謎だらけ?ですね。

    ある日キャメロンノ自宅に風変わりな顔の半分かけた中年紳士が来て

    謎の箱を渡します。

    その箱のボタンを押すと大金が転がり込む代わりに

    誰かが死ぬ。

    そうした究極の選択ですね。

    押すべきか?

    押さざるべきか?

    でも結局お金欲しさにボタンを押してしまうのです。

    さあ

    それからどうなるか?

    それは本編を見てのお楽しみ?

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • R246Walker

    3
    2011/7/11

    まず、箱を届けられての説明が足りない。あれじゃあ押しちゃうよね~まぁそうしないと物語進行しないけどね。押した後に受け取る100万ドルの代わりに負わなければいけないリスクを言わないのは酷い。何の為にやっているのだろうか???不思議な設定。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告