鬼神伝|MOVIE WALKER PRESS
MENU

鬼神伝

2011年4月29日公開,98分
  • 上映館を探す

平安時代の京都を舞台に、鬼と人間との熾烈な戦いを描く歴史アニメ。1200年前の都にタイムスリップし、“救いの御子”として戦乱に巻き込まれていく中学生・天童純の奮闘を、荘厳な世界観と共に紡ぎ出す。戦いのカギを握るオロチ(龍)のコンセプトデザインを、『AKIRA』の大友克洋が担当している点も注目だ。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

京都に暮らす中学生の天童純。学校帰りに、謎の魔物に突然追われて古寺に迷い込んだ彼は、そのまま時空を超えて平安の都に連れて行かれてしまう。そこで貴族から都を脅かす鬼の存在と、自身がその鬼との戦いに終止符を打つ“救いの御子”だと聞かされる。そんな中、鬼の一族である少女・水葉が現れ、純に向かって意外な真実を語る。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
98分

[c]高田崇史/講談社・鬼神伝製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • YO99

    3
    2011/5/18

    「ナルト」ベースに「もののけ姫」「陰陽師」「日本神話」で味付けして「ネバーエンディングストーリー」をトッピングした感じです。声優陣もミスキャスティングは否めないかも。アニメとしても“一昔前の漫画”で、動くものと動かないものの仕分けがいい加減でした。例えば、山で風が吹いても一番前列の樹だけがそよいでいて後はフリーズとか・・・
    あまりに“大人の説教臭い”ストーリーなのも疲れました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • さっちょ

    4
    2011/5/13

    中村獅童さん上手すぎる。今までの声とまた違って僧侶:源雲になっていました。石原さとみさんの透明感のある声もとってもマッチしていました。エンディングの曲も最高でウルウルってきました。音楽担当が宇崎竜童さんというのにも驚きです。(O_o)WAO!!!
    平安時代らしくまた京都らしい日本の伝統を感じさせしかも壮大さやリズミカルさがあって素晴らしかったです。
    何より、映像のクオリティの高さは最高でした。\(^◯^)
    仏像や背景はまるで写真のよう・本物そっくりで、動きに迫力があり立体映像でないのに3D映画を見ているかのようでした。
    そしてストーリーもわかりやすく、良かったです。
    2つの選択があった時、最終的に決めるのは自分。
    自己責任。現代っ子らしい天童君は慎重に見極めて偉いって思います。また、友情や自然と人間の調和の大切さも学べました。とっても魅力的な作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ぷりん

    3
    2011/5/2

    初日 子どもに誘われ 新宿へ
     舞台あいさつ付きの観賞券で、石原さとみ 宇崎りゅうどう、中村獅道 福原くみ?
    映画は 一人の男の子の タイムスリプからはじまり、過去の時代で 救世主となって 平和を取り戻すお話でした。
    絵は 華やかな感じではなかったけど、とても詳細で 細やかで 、山や 岩や ふっと 引き込まれるかんじでした。

    音楽は 過去と未来の コラボを意識して作られたとのことで 私の世代では、宇崎りゅうどうといえば
    ツパリハイスクールですよね~♪

    登壇された時は おお!りゅどうさん!って
    鋭い感じは 年取っても凄いですね!

    っと 反れてしまいましたが。。。

    太鼓が 凄いんです。
    どんどん からだにひびきますよ!

    主題歌も 映画見た後には す~っとしみ込んできます。やさしい芯のある、しっかりとした 歌声が いい感じです。

    なんと 一回目には 作者の先生もみてらっしゃって。
    気になるんでしょね!

    ひっとされるといいですね!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告