食べて、祈って、恋をして|MOVIE WALKER PRESS
MENU

食べて、祈って、恋をして

2010年9月17日公開,133分
  • 上映館を探す

世界中の女性から絶大な支持を受けるエリザベス・ギルバートのベストセラー小説を、ジュリア・ロバーツ主演で映画化した人間ドラマ。すべてを捨てて旅に出た30代のキャリアウーマンの姿を、イタリア、インド、バリ島の美しい風景とともに描き出す。ハビエル・バルデムが主人公の人生を変える重要な役どころを好演。

予告編・関連動画

食べて、祈って、恋をして

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベスは、平穏な生活や子供を望んでいないことに気付き、結婚6年目で離婚。年下の男に恋するものの、恋愛依存症の自分に嫌気がさし、すべてを捨てて旅に出る。旅の間は恋をしないと誓い、イタリア、インドを訪れるも、最後の地バリでは人生を変える大きな出会いが待っていた。

作品データ

原題
Eat Pray Love
映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
133分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.6
  • お水汲み当番

    1
    2020/7/29

    以下、罵詈讒謗の限りを尽くしますので、そういうのがお嫌いな方は、ここで、このレビューからはお離れください。

    観た映画は
    「飲んで、騒いで、浮気して」……じゃなくって、
    「食べて、祈って、恋をして」とかいう、背中がムズムズするような邦題の映画です。

    まだ「Plan B」という原題(=次善の策/予備プランとかって意味か?)のほうがマシ。
    だって邦題では、タイトルだけでストーリーがすべてネタバレになっているのですから。

    ま、もちろん、タイトルなんて、どうでもいいです。
    問題は中身です。
    映画っつうものは。

    で、この映画。
    主人公のジュリア・ロバーツが、イタリアでたらふく食べて、インドで新興宗教で祈って(……っても、ズッポリ宗教に嵌まるわけでもなく、ただ形だけ祈るだけ!)、インドネシアで恋をする、っつう映画でして、それだけです。

    ほかには中身がありません。

    イタリアで食べる、と言いますが、実際にはあの拒食症みたいに痩せているジュリアの顔が、最後までぜんぜん太らないわけですし(胴周りには腹巻みたいなものを巻いて、太ったという衣装は着ているんですけど……)、インドではワケわかんない宗教で「イヤイヤ祈る」だけ、一言で言ってクソ以下です。

    お涙頂戴にもならないストーリーがついてますが、もう最初から、そういうことになるんでしょ、と誰もが想像できる通りに進むので、アホ以外の何者でもありません。

    最後に、この映画の監督と称する人間(……いや、本物の監督のようですけど)が主演男優らしいんですけど、監督とジュリアが、インドネシアで恋に落ちるっつうんです。
    なんの伏線もなく、いきなり。

    でもね、だいたい交通事故の被害者と加害者が結ばれるなんて筋など、数十年前の安マンガ雑誌に投稿したってボツでしょう。

    早い話、このスケベ面した監督が、ジュリアロバーツと抱き合いたかっただけなのね……というだけの映画でありました。

    主人公と抱き合いたい監督というジャンルは、アダルトビデオの世界ではよくある話でしょうけど、こんな世界公開されている映画で、撮影の動機が、それかよ、っつうのは珍しい。

    映画を観ていて、ストーリーとは無関係の雑念がどんどん湧き上がって来て、映画にまったく没頭できないという、希有な経験をさせていただきました。

    最後に、ジュリア・ロバーツ。
    巨大なスクリーンで見ると、しわくちゃだらけの婆さんですね、あれは……。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • fu6

    2
    2013/1/13

    彼氏によって自分が変わる。
    自分さがしのために別れて、独りになって、祈って、自分を取り戻してから恋をする。

    そんな内容でした。

    自分探しをする前に結婚してしまうと、
    ダンナに合わせる自分を、自分でないと思うみたい?!

    普通は工夫したり、ある程度は諦めるか妥協して自分を出して上手くつきあって行くのではないかと思うけど、この主人公は離婚して、海外に行きまくる。自分探しをしまくって、新しい相手と恋をする。

    お金に余裕があって、自分探しに興味があり、
    生涯1人の相手をパートナーにしたいと思っていない人には楽しい映画だと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ユーキ

    4
    2012/6/3

    タイトルを聞いた時はeat,play,loveだと、「食べて、遊んで、恋をして」じゃないの?と思ったのですが、prayはrなので祈るなんですね~ 忘れていた英語の勉強にもなりました。
    映画は3ヶ国を旅しますが、私はインドでリチャード・ジェンキンスが出てきたのが嬉しかったです。
    スクリーンでの再会は『扉をたたく人』以来でした。
    年下の恋人を演じたジェームズ・フランコは超かっこいい!
    私なら、恋愛関係が上手くいってなくても絶対別れません。
    いつも特異キャラが多かったハビエル・バルデムは子供思いのホットな男性を演じているし、男性陣が魅力的でしたね。
    ジーンズのサイズが上がっても、トマトソースのパスタやナポリのピザが食べたいです。
    映画で旅行気分を味わえるステキな作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告