映画-Movie Walker > 作品を探す > 武士の家計簿

予告編動画を見る 武士の家計簿の画像

堺雅人仲間由紀恵を主演に迎え、磯田道史の歴史教養書「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。激動の幕末で、“算盤さむらい”と呼ばれ、加賀藩の算用者として財政に関わる下級武士と、その妻とが慎ましく生きる姿をつづる。久々の時代劇となった森田芳光監督ならではの人間味ある描写にホロリとさせられる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 187
レビュー 30
投票 157
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 22% (18)
星4つ 81% (64)
星3つ 100% (79)
星2つ 29% (23)
星1つ 3% (3)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

江戸時代後半。御算用者(会計処理の専門家)として、代々加賀藩の財政に関わってきた猪山家。八代目の直之(堺雅人)は、生来の天才的な数学感覚もあって働きを認められ、めきめきと頭角をあらわす。これといった野心も持たず、ただひたすらそろばんを弾き、数字の帳尻を合わせる毎日の直之にある日、町同心・西永与三八(西村雅彦)を父に持つお駒(仲間由紀恵)との縁談が持ち込まれる。自らの家庭を築いた直之は、御蔵米の勘定役に任命されるが、農民たちへのお救い米の量と、定められていた供出量との数字が合わないことを不審に思い、独自に調べ始める。やがて役人たちによる米の横流しを知った直之は左遷を言い渡されるが、一派の悪事が白日の下にさらされ、人事が一新、左遷の取り止めに加え、異例の昇進を果たす。だが、身分が高くなるにつれ出費が増えるという武家社会特有の構造から、猪山家は出費がかさんでいく。すでに父・信行(中村雅俊)が江戸詰で重ねた膨大な借金もあり、直之は“家計立て直し計画”を宣言。それは家財一式を処分、質素倹約をし、借金の返済に充てるという苦渋の決断だった。愛用の品を手放したくないと駄々をこねる母・お松(松坂慶子)。しかし、お家を潰す方が恥であるという直之の強い意志により、家族は一丸となって借金を返済することを約束。こうして猪山家の家計簿が直之の手で細かく付けられることになった。倹約生活が続く中、直之は息子・直吉にも御算用者としての道を歩ませるべく、4歳にして家計簿をつけるよう命じ、徹底的にそろばんを叩き込んでいく……。時は幕末。父よりも早く11歳で算用場に見習いとして入り、元服を済ませた直吉、改め成之(伊藤祐輝)は、時代に取り残されまいと自らの進むべき道を模索していた。やがて京都へ向った成之は、新政府軍の大村益次郎にそろばんの腕を見込まれ、軍の会計職に就くが、大村が刺客の手により暗殺されてしまう……。

見たい映画に
登録した人
191

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 アスミック・エース=松竹
上映時間 129
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 森田芳光
プロデューサー 元持昌之
アソシエイト・プロデューサー 岩城レイ子三沢和子
コ・アソシエイトプロデューサー 真壁佳子池田史嗣
原作 磯田道史
脚本 柏田道夫
撮影 沖村志宏
音楽 大島ミチル
プロダクション統括 永井正夫
美術 近藤成之
編集 川島章正
録音 橋本文雄
エグゼクティブプロデューサー 飛田秀一豊島雅郎野田助嗣原正人
助監督 増田伸弥
照明 渡邊三雄
装飾 鎌田康男
制作担当 砥川元宏

キャスト

猪山直之 堺雅人
猪山駒 仲間由紀恵
猪山常 松坂慶子
おばばさま 草笛光子
西永与三八 西村雅彦
猪山成之 伊藤祐輝
猪山政 藤井美菜
猪山直吉 大八木凱斗
嶋田久作
宮川一朗太
小木茂光
茂山千五郎
猪山信之 中村雅俊

レビュー

慎ましく暮らすということ

投稿者:siro

(投稿日:2014/02/10)

代々加賀藩で算用勤めをしている家系で、実話をもとにした作品。…

[続きを読む]

支持者:0人

平和な時代の武士は公務員でした

投稿者:月うさぎ

(投稿日:2013/12/08)

これは、意外性がありました。 サラリーマンとしての武士を描…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 武士の家計簿