映画-Movie Walker > 作品を探す > 自由の旗風(1955)

「心のともしび」のロス・ハンターが1955年に製作した活劇。「アロウヘッド」のW・R・バーネットと「異教徒の旗印」のオスカー・ブロドニーの共同脚本から「心のともしび」のダグラス・サークが監督に当たった。撮影は「フォルウォスの黒楯」のアーヴィング・グラスバーグである。出演者は「心のともしび」のロック・ハドソン、「フォルウォスの黒楯」のバーバラ・ラッシュ、「タンガニイカ」のジェフ・モロー、「コンクリートの中の男」のキャスリーン・ライアンデニス・オディアフィンレイ・カリーなどである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1916年のアイルランドでは地下組織の独立運動が盛んに行われていた。バリモアの青年マイケル(ロック・ハドソン)も結社員の1人で、ある日イギリス人地主の執事を襲って有り金を奪い、本部に運動資金として差し出したが、指導者レジスから盗んだ金は使えぬと断わられ、また彼の犯行が当局に知れて追われる身となった。ダブリンへ向けて逃げる途中、稲妻隊長の異名を持つ独立運動の闘士ジョン・ドハティに拾われ、彼の補佐役を頼まれた。その夜、ドハティはマイケルを連れ、彼の秘密本部で愛人アン・モアに経営させている賭博場へ行った。マイケルはここでドハティの娘アガ(バーバラ・ラッシュ)と踊った。そのとき突然兵隊が賭博場を襲い、ドハティは逃げたが、マイケルは捕えられた。だがドハティの尽力で釈放され、2人は兵を動かした張本人のジョージ卿を襲って射殺した。そのさい左腕に傷を負ったドハティはジプシーの群の中にかくれ、一切をマイケルに任せた。ジプシーの使いがマイケルの許へ来たことから父の居所を知ったアガは、翌日スパイに尾行されてるとは知らず父を訪ね、そのためドハティは捕まってダブリン城の牢に入れられた。マイケルが修道僧に変装して彼を救いに行ったとき、ドハティはすでに脱獄したあとで、却って彼自身が捕えられバリモアの牢に送られた。レジスは獄卒になりすまし、隙を見てマイケルと共に脱獄し、ボートで河を渡ろうとした。追って来た兵たちと救出に来たドハティらは河を挟んで応戦したが、その間にボートが転ぷくして2人は行方不明になった。死んだと思って父の胸に泣きくずれるアガの前に、意外元気なマイケルが現れた。やがてドハティは傷の治療に行くことになり、アガの身をマイケルに托した。2人は抱き合いながら、出て行くドハティの舟を見送るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Captain Lightfoot
製作年 1955年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル映画会社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 自由の旗風(1955)