映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲキ×シネ「蜉蝣峠」

人気劇団・劇団☆新感線の公演を映像化。過去をなくした男が偶然訪れた宿場町で自らの過去に向き合い、戦いに身を投じていく。脚本は、ドラマ『木更津キャッツアイ』の宮藤官九郎。出演は、「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」の古田新太、「ALWAYS三丁目の夕日」の堤真一、「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の高岡早紀。正式タイトルは「いのうえ歌舞伎★壊<PUNK>蜉蝣峠」。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 10
レビュー 4
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 40% (2)
星4つ 100% (5)
星3つ 40% (2)
星2つ 20% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

最新のデジタルシネマ技術を使用し、舞台の迫力を映像作品として映画館で上映するゲキ×シネシリーズとして、2009年春に上演された劇団☆新感線の公演を映像化した。阿呆のように振舞いながら剣の腕は立つ闇太郎(古田新太)は、その名前以外の記憶を一切失っている。闇太郎は、能天気な元旅役者・銀之助(勝地涼)に誘われて、蜉蝣峠を下っていく。するとそこには、極道たちが勢力争いに明け暮れる、荒れ果てた宿場町があった。その町には、クールに人を斬る孤高の男・天晴(堤真一)、闇太郎の過去を知る女・お泪(高岡早紀)、江戸帰りの極道一家の跡取り・サルキジ(木村了)、そして、25年前に起きた忌まわしい事件を知る飯屋のがめ吉(梶原善)らがいた。そして闇太郎は自分の過去と向き合い、血で血を洗う戦いに身を投じる。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 ヴィレッヂ=ティ・ジョイ
上映時間 167
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

レビュー

ゲキ×シネ中で最も自由で濃厚・強烈かも

投稿者:YO99

(投稿日:2013/01/12)

特別上映をカミさんのお供で鑑賞。 以前、「薔薇とサムライ」…

[続きを読む]

支持者:0人

下品な笑いがキライでない方ならw

投稿者:まこと

(投稿日:2013/01/09)

僕にとってゲキ×シネ8作目 残すは『メタルマクベス』だけと…

[続きを読む]

支持者:0人

『ゲキ×シネ』(15作品)

ゲキ×シネ「乱鶯」
ゲキ×シネ「乱鶯」 (2017年4月15日公開)

いのうえひでのり率いる劇団☆新感線による2016年の舞台「乱鶯」を映像化

ゲキ×シネ「蒼の乱」
ゲキ×シネ「蒼の乱」 (2015年5月9日公開)

劇団☆新感線の舞台を劇場で上映する『ゲキ×シネ』シリーズ第13弾

ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」
ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」 (2015年4月11日公開)

ゲキ×シネの原点となった03年上演の市川染五郎主演の人気作のデジタルリマスター版

ゲキ×シネ ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII
ゲキ×シネ ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII (2014年3月29日公開)

劇団☆新感線の人気舞台「五右衛門ロック」シリーズ第3弾を映画館で上映

  • ゲキ×シネ シレンとラギ (2013年10月5日公開)

    藤原竜也×永作博美主演の舞台映像を上映、独裁者の暗殺を命じられた主人公の姿を描く

  • ゲキ×シネ 蛮幽鬼 (2010年10月2日公開)

    劇団☆新感線に、上川隆也、堺雅人らを加え豪華出演者が集結した舞台映像を上映

最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲキ×シネ「蜉蝣峠」

ムービーウォーカー 上へ戻る