映画-Movie Walker > 作品を探す > マザー・テレサと生きる

マザー・テレサが3度訪れた日本で、彼女の死後12年経ったいまも受け継がれている活動を追うドキュメンタリー。マザーの後継者シスター・ニルマラ総長の特別許可のもと、初めてカメラが向けられる貴重な映像が見どころ。監督は、日本人として初めてマザーの取材を許可された、「マザー・テレサとその世界」の千葉茂樹。HD作品。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マザー・テレサは、生涯で3度も日本を訪れた。それほど心に深く留めた日本で、マザーが亡くなって12年経った今、どのように彼女の精神が受け継がれ、活動に影響を与えているのかを記録していく。コルカタ(旧カルカッタ)にある死を待つ人の家では、働く日本人医学生たちの姿を追う。また、東京のホスピス・きぼうのいえでは、奉仕者たちの働く姿にカメラを向ける。このような活動を行う人々の姿を通じて、今も受け疲れているマザー・テレサの精神に迫る。日本人として初めてマザー・テレサの取材を許され、1979年に「マザー・テレサとその世界」を完成させた監督の千葉茂樹が、マザーの後継者シスター・ニルマラ総長の特別許可を得て、脈々と受け継がれている愛に満ちた活動にカメラを向けた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 東風(提供 女子パウロ会=プレシディオ)
上映時間 73
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 千葉茂樹
語り 山根基世

キャスト

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マザー・テレサと生きる

ムービーウォーカー 上へ戻る