地獄への逆襲|MOVIE WALKER PRESS
MENU

地獄への逆襲

1952年2月22日公開,92分
  • 上映館を探す

ジェシー・ジェームズの半生を描いた「地獄への道」の続編、1940年作品。前作同様ダリル・たF・ザナックが製作指揮に当たり、サム・ヘルマン(「荒野の決闘」の潤色)のオリジナル・シナリオを、「扉の影の秘密」のフリッツ・ラングが監督している。撮影はジョージ・バーンズ(「レベッカ」)とウィリアム・V・スコール(「ジャンヌ・ダーク」)の協同。「地獄への道」と同じくヘンリー・フォンダがフランクを、ジョン・キャラダインが敵役ボブを演ずる他、「夫は偽者」のジーン・ティアニー、かつての子役ジャッキー・クーパー、「ジェニーの肖像」のヘンリー・ハルらが共演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

弟ジェシーと共に西部を荒し回っていたフランク・ジェームズ(ヘンリー・フォンダ)は、弟と別れてから正道に戻り、変名で一介の農夫として働いていた。ある日彼は、弟がかつての仲間ボブ・フォード(ジョン・キャラダイン)とその弟に殺されたことを聞き、更に彼らが絞首刑を免れて保釈されたと知って、固く復讐を誓った。彼は仲良しのクレム(ジャッキー・クーパー)と鉄道駅を襲い資金を獲得しようとしたが、クレムが誤って人を殺し、不当な裁きを受けようとしたので、彼を伴って逃走した。デンヴァで、彼は新聞記者の娘エリアナ(ジーン・ティアニー)から、世間は彼がすでに死亡していると信じていることを聞き、公然とフォードを探すことになった。やがて彼は目指す仇の兄弟に巡り合い、烈しい撃ち合いで弟を殺すことができたが、当のボブは取逃した。デンヴァに戻ると、彼の召使の黒人ピンキーが駅の殺人犯人として絞首刑に処せられようとしていた。フランクは自分の素性を明かして黒人の無罪を証明、自首して出たが、この時ボブと再会、めでたく本懐とげて、心安らかに縛についた。

作品データ

原題
The Return of Frank James
製作年
1940年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス極東支社
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • たっかん

    3
    2016/7/30

    自分は、西部劇をあまり観ないのだが、フリッツ・ラング監督の西部劇なので、観た。
    若いヘンリー・フォンダ。

    西部劇に良くある復讐物語で始まる。
    お尋ね者の兄弟(うち一人がヘンリー・フォンダ)は、名前を変えて、農場などで暮らしていたが、弟が自宅で「背中を撃たれて殺されてしまう」のだが、この背中を撃つのが如何に卑怯なことかというのが、序盤で描かれる。
    その兄弟の復讐をするために、殺した二人組の兄弟を追いかけるヘンリー・フォンダ。
    このあたりが、復讐物語の雰囲気。

    女性新聞記者(ジーン・ティアニー)に、「復讐しようとしている兄は死んだ」という偽りの記事を新聞に掲載させて、追手を油断させて追い詰めていくあたりは、良く考えられた展開。

    終盤は裁判所シーンとなる。

    フリッツ・ラング監督と西部劇とは意外な組み合わせだが、1940年製作のこの映画、けっこう綺麗なカラー作品であり、ジーン・ティアニーが清楚な美しさを醸し出していて、なかなか良い。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告