映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁|MOVIE WALKER PRESS
MENU

映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

2010年4月17日公開,99分
  • 上映館を探す

おバカな園児しんのすけがハチャメチャな冒険を繰り広げる、毎年恒例となった劇場版第18弾。自分を救うはめになったしんのすけが、将来の花嫁とともに未来都市で大暴れ!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、しんのすけの元に未来の花嫁タミコがタイムマシンに乗ってやってくる。未来のしんのすけがネオトキオの支配者に捕まってしまったというのだ。5歳のしんのすけは未来の自分を救うためにネオトキオへ向かう。

作品データ

製作年
2010年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
99分

[c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2010 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • dai_akiyama

    5
    2020/3/26

    この映画は、今でも忘れませんとってもいい映画ですタミコさんも優しい方でとっても感動しました
    タミコさんがめっちゃ好き
    しんちゃんもとっても勇敢でした
    見たのは、最近ですがものすごくサイコーでした

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    3
    2016/12/11

    しんちゃん達が未来に行って活躍するSF的な作品。

    物語は、未来のしんちゃんが花嫁と結婚する雰囲気だったのだが、花嫁の父親=金銭欲の強い大金持ち社長に邪魔される。
    未来のしんちゃんが「5歳のオラが必要だ」と発言したことから、現在のしんちゃん達が未来に連れて行かれる。

    マサオ君はボロいコンビニ店員、ネネちゃんは幼稚園のみすぼらしい先生、ボーちゃんは科学者、風間君は次期社長候補になっている。
    未来のしんちゃんの顔だけが、ギリギリ見えないあたりも上手い演出。

    家電ロボvsボーちゃん28号、大人のひまわりの声などが楽しい。

    小泉今日子の『夜明けのMEW』が効果的に使われていてグッド。

    <映倫No118682>

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • じぇふりぃちゅうぶ

    2
    2010/4/21

    子供向けのアニメを、劇場作品としては頂点に近い所迄に高めてしまった原恵一監督以降、このアニメの劇場版は、抜け出せない隘路にハマってしまったと言える。

    原監督が、この世界観のアニメを常人には届かない位の高みに上げてしまった為に、それ以降の劇場版は、駄作に近い物と言う評価しか与えられない。今回も駄作とは言えないが、良く言って並と言う評価しか与えられない。

    今回は未来の成長したしんちゃんが、婚約者のヒロインに助けを求める事から始まるが、過去のしんちゃんに助けを求める為に必要なタイムマシーンとかが唐突に登場し、かなりご都合主義が目立つ。

    未来の婚約者が、幼児のしんちゃんの憧れの女である奈々子お姉さんとは全く異なるタイプである事に対する説明(しんちゃんが何処に惚れたのか?と言う説明が一切無い)にもご都合主義を感じる。

    要はヒロインに魅力が無い上に、幼児のしんちゃんにも彼女を守ろうと言う気概が感じられない為に、単なるパラレルワールドでのドタバタでしかない。


    単なるドタバタでしかないので、レンタルで充分でしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告