プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

2010年5月28日公開,117分
  • 上映館を探す

世界中で大ヒットを記録した人気ゲームをジェイク・ギレンホール主演で実写映画化したアクション。古代ペルシャを舞台に、勇敢な王子が人類の存亡をかけた壮大な冒険を繰り広げる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ペルシャ王に類まれな才能を見込まれ、養子として迎えられ、第3王子となったダスタン。聖なる都アラムートを征服するも、父王は殺され、彼は脱出を余儀なくされる。そんな彼を救ったのはアラムートの姫タミーナだった。

作品データ

原題
Prince of Persia: The Sands of Time
製作年
2010年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
上映時間
117分

[c]Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer, Inc. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • みるみる

    3
    1ヶ月前

    ディズ二ー映画らしい面白い作品でした。元ネタのゲームは全然知らないのですが映画として見応え十分でした。テーマが「時間を戻せる砂」なのでおとぎ話としてとても楽しいし、家族愛兄弟愛、思わぬ友情も描かれています。いい感じのハッピーエンドで悪い人だけさようなら、なところやラブシーンが無いのでお子様でもいけるでしょう。
    とにかくジェイク・ギレンホールがいい!「ドニー・ダーコ」を最近観たので、あんなに神経質だった子がこんなに立派になって…と勝手に嬉しくなりました。いたずらっ子っぽい目つき、ぐしゃっとした長髪も素敵。アクションは控えめなCGでとんでもない技が飛び出たりしないのもいい。覆面をしたり被り物から半分だけ顔を覗かせたりと彼の見せ方もなかなかによろしい。ぞくっとする彼も好きだけどこちらの彼ももちろん好き。
    王女役のジェマ・アータートンも色気を感じさせない芯の強いカッコいい王女様でした。「人生はシネマティック!」でも意志の強い役をしてましたね。好きな女優さんです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 山形こざる

    5
    2010/6/24

    ディズニーのこの手の作品は基本的にはずれがないですね。

    ストーリーは観客を飽きさせず、アクションやCGも秀逸で安心して観ていられました。

    ヒロイン役のジェマ・アータートンも良かった。
    時に強く、時に弱く、時にシニカルに、小悪魔的な演技が魅力的で、これからが楽しみな女優さんですね。

    彼女は一応、「007慰めの報酬」でボンドガールを演じてブレイクしたことになってるけど、正しくは第2のボンドガール。途中から出てきて最後は全身を石油漬けにされて殺される(これはネタバレOKでしょ?)。
    オイルまみれの死体はまったく誰だか分からず、マネキンでも良かったくらいなのに、実は本人が“演じている”。
    最初は「別にわざわざ本人が(姿が分からない)死体役までやらなくてもいいのに・・・」と思ったけど、今思えば、その根性が、本作や「タイタンの闘い」「パイレーツ・オブ・ロック」といった相次ぐ大作への出演につながっているのかなとも思う(笑)。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • barney

    4
    2010/6/20

    シャラマン王に見込まれたダスタン、強運な男なんだろうか???
    小さいころからすごい動き!! それは大人になっても健在。
    ジェイク・ギレンホールはかなりのトレーニングをしたみたいですね。

    ダスタンは王の座を狙う者にはめられ、またもや~~~~ぁ。
    リアル鬼ごっこじゃないけど、逃げる逃げる。
    はじめは王の座を狙っていたのは息子かと思いましたけど、王の息子たちはちょっとボンボン的なところはあるものの、いいやつでした。
    本当に王の座を狙っていたのは.....................。

    シーク・アマール率いる悪党ども、途中からはダスタンの味方となり、本当は結構いいやつじゃんって感じでしたよ。
    やっぱダスタンの人柄???
    はじめは警戒してたタミーナ王女も、惹かれていきましたからね。

    時間の砂をまいたシーンはとってもファンタジーで、もっと沢山あればよかったな~ぁと。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告