映画-Movie Walker > 作品を探す > バカは2回海を渡る

ドラマ『仮面ライダー龍騎』の俳優・弓削智久が監督した短編映画「FREE」のアメリカ・ロケに密着したドキュメンタリータッチのロードムービー。2人の俳優が様々な出会いを通じて、人生の意味を学んでいく。共演は、ドラマ『天地人』の須賀貴匡。監督は、本作が初監督となる渡邊貴文。音楽はRIZEの金子ノブアキ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

弓削智久は須賀貴匡とともに、自ら脚本・監督・主演を務める短編映画「FREE」の製作のため、アメリカを訪れる。2人がアメリカの大地を彷徨い、別れや再会を通じて生きていくために大切なものを発見するという筋書きはあるが、何か足りない。そこで、今回の旅を通して足りないものを見つけ、映画に投影していくつもりだった。サンフランシスコからサントレック車に乗って始まった撮影の旅は順調に進むが、弓削の紛失癖が露呈していく。弓削は鍵や財布などを失くしては、大騒ぎを起こしていた。2人は旅の思い出に、借り物のハンディカムカメラを回していた。3日目の朝、そのハンディカムがなくなってしまう。弓削は慌てて探すが、見つからない。出発の時間が迫っていたため、弓削はハンディカムを諦める。サンタバーバラでの撮影を終え車に戻ってきた弓削は、運転手のピーターがハンディカムを持っているのを見つける。弓削が車に忘れていたハンディカムを、ピーターは勝手に回していた。弓削は、ピーターが撮影していた映像を見る。ピーターは見ず知らずの男に、“あなたにとって人生でいちばん大切なものは何?”とインタビューしていた。弓削は須賀に、旅で出会った人々に同じような質問をして、その映像を映画に組み込むことを提案する。それから2人は、出会った人たちへのインタビューを始める。しかし、通訳のブライアンを通してではなく、自分たちで質問をしたいと考えるようになる。そこで2人は段ボールにマジックで、“人生でいちばん大切なものは何?”“夢が叶うとしたら何がしたい?”という質問を書き、出会った人々にインタビューを試みていく。しかし彼らはゴールのラスベガスまで3日というところで、スタッフたちとはぐれてしまう。仕方なくヒッチハイクで進んだ先に、2人にとって重要な出会いが待っていた。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 75
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 渡邊貴文
製作 伊藤久美子
プロデューサー 高柳利恵子
アソシエイト・プロデューサー 平体雄二
撮影 百束尚浩
音楽 金子ノブアキ
ロケーションディレクター 松本庵路
VE(ビデオ編集) 佐藤亨

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ライオン・キング
ライオン・キング

ディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化

天気の子
天気の子

家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を紡ぐ、新海誠監督によるアニメーション

ダンスウィズミー
ダンスウィズミー

矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > バカは2回海を渡る