TOP > 上映中の映画作品を探す > 地獄谷の無法者

アラン・カウフマンマックス・グランドバードの共同脚本をポール・ランドレスが監督した西部活劇。撮影監督は「真昼の決闘」のフロイド・クロスビー、音楽はアーヴィング・ガーツ。主演は「決闘者」のデール・ロバートソン、「赤い矢」のブライアン・キース、「純愛」のロザンナ・ローリー、ウェスタン歌手のディック・コールマン

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

時は19世紀の末。所はカンサス州の小さな町ゴールドリッジ。保安官のケーレブ(デール・ロバートソン)は恋人マリア(ロザンナ・ローリー)との結婚を夢みて、平穏な日々を送っていた。ある日、ケーレブが町はずれで、町へ入ろうとしている4人のならず者に出会った。頭のハピー(ブライアン・キース)以下いずれも六尺豊かな大男揃いで名だたる兇状持ちだった。ケーレブは4人に即刻、町から立ち去ることを命じた。ケーレブが町にもどると、保安官補のベアがバーで泥酔して暴れていた。このため、町では参事会を開き、2人を罷免した。後任にはバートが選ばれた。そこへ駅馬車道が妨害されたとの報告が入った。もちろんハピーらの仕業で、彼らは保安官を町外れに誘い出して、そのすきに町になだれ込み、町を支配してしまった。町の中をわが者顔に、乱暴をして歩く4人を、すでに保安官を罷免されたケーレブは、なんの手出しをすることも出来なかった。4人はマリアの小間物屋にも来て、品物をうばっていった。そこへもどって来たバートが、ハピーらを説得にかかったが、てんで受けつけなかった。ケーレブはバートと保安官事務所へ引き揚げ、応戦態勢を整えた。4人は銀行を襲って高飛びする手筈だった。ここに至って、町の参事会員たちは、ケーレブを罷免したのは、間違いであったことを認めた。そこでケーレブはベアを呼び寄せた。2人は白昼の大通りのならず者を迎え撃った。2対4の凄絶な決闘。ケーレブとベアは、まず子分の3人を血祭りにあげた。残るハピーは、ケーレブとの一騎打ちの末射ちとった。かくてゴールドリッジは再び平穏な町にかえった。ケーレブは、また保安官に復職し、晴れてマリアと決婚することが出来た。

作品データ

原題 Hell Canyon Outlaw
製作年 1957年
製作国 アメリカ
配給 リパブリック=NCC
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 地獄谷の無法者