映画-Movie Walker > 作品を探す > 手のひらの幸せ > レビュー

投稿レビュー(2件)手のひらの幸せは星2つ

「昭和物」には弱いです。 (投稿日:2012年1月7日)

公開を知って、公式サイトをチェック!
いきなり目に飛び込んできたのが
「両方の手に幸せをもらうと涙がふけないよ」と言うフレーズと
哀愁に満ちたテーマソング「悲しみさえ」
予告動画を見た時点で涙腺が決壊して
即、公開されたら観に行こうと決めていました。

時代設定が50年以上前なので
あんまり現代的な顔の子は良くない、とか
大人になった時の役者さんに似ていないといけないとか
子役ちゃんを選ぶには、ずい分苦労されたことでしょう。

しかも、ダブダブのズボンを履かされて
大人を介しない子供二人だけのシーン・セリフも多い。
やむをえない事とは思いながら
ちょっと感情移入するには厳しい演技でした。

15年くらい後と子ども時代がフラッシュバックで綴られます。
それはいいのですが、なぜか悲しい場面に
感動的なシーンが重なってきたりします。
突っ込みどころ満載と言うか感動の寸断と言うか・・・

でも、主役の龍ちゃんとほとんど同年代なので
高校時代の描写、例えば吹奏楽部の演奏会の様子
地元ラジオへのメッセージを送るとか
夜食にインスタントラーメンとかが懐かしい。

老夫婦役の西田さん、角替さんが素晴らしい。

主役の浅利くんと河合さん
兄弟だけど、微妙な距離感のある感じをうまく表わしていた。

生稲さんのお母さん役も良かったです。

と言う訳で、結局は感動、涙・・・
結局、この手の昭和物の作品には弱い私です。
☆4つにさせていただきます。
布施明さんの原作絵本は、是非読んでみたいと思っています。 »ガイドライン違反報告

投稿:ほし★ママ。

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

いっぱい泣いたんで、すっきりやぁ~。 (投稿日:2010年3月5日)

宣伝チラシ&ポスターを見て、これは泣けるぞ!と思い劇場へ。
ほんで、期待通り、いぇいぇ、期待以上に泣けました、客席中(入りは10人あまりとショボかったんですが)鼻水すすりまくりでおました。
で、私もこっ恥ずかしい程に泣いてまいました、手にしたタオルハンカチが湿気っちゃってぇ~。

なんせ不幸な子供達の健気な姿は涙を誘いま、ほんで、如何にも客を泣かせるぞ!っちゅうようなステレオタイプの悲劇まで用意してくれちょりま。

最初からサプライズやどんでん返しなんぞは望んどりまへん、ただただ泣きに行きたかったんでおます、なもんで目的達成!充分満足でおます。 »ガイドライン違反報告

投稿:koni

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 手のひらの幸せ > レビュー