映画-Movie Walker > 作品を探す > コララインとボタンの魔女 3D

予告編動画を見る コララインとボタンの魔女 3Dの画像

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督による3Dファンタジーアニメ。ボタンの目を持つ不思議な人々が暮らす世界に迷い込んだ少女の冒険を描く。日本語吹替版での上映。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 50
レビュー 16
投票 34
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 55% (11)
星4つ 70% (14)
星3つ 100% (20)
星2つ 20% (4)
星1つ 5% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

築150年のピンクパレス・アパートへ引っ越してきたばかりのコラライン(声:ダコタ・ファニング)は不機嫌だった。周りには友達もいないし、ママ(テリー・ハッチャー)もパパも仕事に明け暮れて全然構ってくれない。外に出るとワイビーと名乗る口の悪い少年と、生意気な黒猫が後をつけてくる。仕方なく一人で新しい家を探検していたコララインは、彼女の背丈よりも小さなドアを見つける。だが、ドアを開けるとその先はレンガでふさがれていた……。真夜中、ふと目覚めたコララインが逃げるネズミを追いかけて行くと、例のドアの隙間に消えていった。ドアの先にはなぜかトンネルのような道があり、奥まで進むと同じような家の中に辿り着く。そこにはママもパパもいたが、二人とも目がボタンだった。愉快な両親と3人で囲む豪華な食卓。現実では荒れ放題の庭も、こちらでは綺麗な花が咲き誇り、コララインはまるでお姫様の気分であった……。翌朝、目が覚めたコララインは、現実の世界に自分が戻っていることに気付く。しかし、その夜もコララインはドアのむこう側へ行き、現実世界では変わり者のボビンスキーのネズミサーカスを楽しむ。そんな中、無愛想だったあの黒猫(キース・デヴィッド)が「この世界が気に入ったみたいだな。でもそれは間違いだ」とコララインに語りかけてくる。願いを何でもかなえてくれる別のママは「ずっとここにいても構わないのよ」とコララインに微笑み、その条件としてコララインの目もボタンにしろという。コララインは慌てて現実の世界へと逃げ帰るが、本当のママとパパは姿を消してしまっていた。別の世界で唯一コララインを助けてくれる黒猫の力を借り、彼女は再びドアのむこうの世界へと乗り込んでいく。コララインは本当の両親を助け出し、無事に現実世界へと戻ってくることができるのか……?

見たい映画に
登録した人
20

作品データ

原題 Coraline
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 100
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

子供には無理(笑)

投稿者:ayoihs

(投稿日:2010/03/08)

観た人の評判が良かったのでオマケ的に観てみました。 で…

[続きを読む]

支持者:1人

小さいドアの向こうに見つけた世界は・・・。

投稿者:うろ

(投稿日:2010/03/08)

眼がボタンってのは相当怖いビジュアルですね~。 人形アニメ…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > コララインとボタンの魔女 3D

ムービーウォーカー 上へ戻る