映画-Movie Walker > 作品を探す > ゼロ年代全景「茜さす部屋」

2000年から2009年にかけての“ゼロ年代”をテーマに、3人の新鋭監督がそれぞれの視点から時代を切り取ったオムニバス映画。出演は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉本菜穂子、「美代子阿佐ヶ谷気分」の本多章一、「いつかの君へ」の加藤裕月。「ベロニカは死ぬことにした」の堀江慶がプロデュースを担当。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

30代一歩手前の派遣社員、麻紀(吉本菜穂子)は、漠然とした不安にとらわれていた。巷には“勝ち組・負け組”、“格差社会”といった言葉が溢れている。仕事にやりがいを感じているわけでも、結婚して温かい家庭があるわけでもない彼女には、居心地の悪い世の中。そこで、自分の居場所を確保するため、同棲する小説家志望だが無職の睦雄の子供を産もうと決意する。その目的達成のため、崖っぷちに立たされた麻紀の奮闘が始まる!

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゼロ年代全景「茜さす部屋」