インビクタス 負けざる者たち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

インビクタス 負けざる者たち

2010年2月5日公開,134分

名匠クリント・イーストウッド監督による実話をベースにした感動ドラマ。南アフリカ大統領ネルソン・マンデラと同国のラグビー代表チーム主将との人種を超えた友情を描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南アフリカ大統領のマンデラは、アパルトヘイトの影響が色濃く残る国内情勢に心を痛めていた。そこで彼は、スポーツを通して国民の意識を変えようと、翌年に自国で開催予定のワールドカップに向け、弱小ラグビーチームの立て直しに挑む。

作品データ

原題
Invictus
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
134分

[c]2009 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • みるみる

    3
    2019/9/26

    ラグビー観戦のついで、といってはなんですがイーストウッド監督作品という事で見てみました。アパルトヘイト問題が嫌というほど描かれていて現在どれほど変わってきているのかは分かりませんが当時の厳しい人種差別は辛い歴史です。スポーツに政治を持ち込んではいけないのしょうが、愛国心が生まれるのは当然でしょう。
    ラグビー自体が前面に出ているわけでは無いのでまったく分からなくても大丈夫。大統領のSPや選手達の心境の変化が丁寧に描かれ素敵な作品でした。劇中の詩「我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり」も胸にきました。
    マンデラ氏は自伝が映画化されるならモーガン・フリーマンに自分役を、と言った事でこの作品につながったとか。日本人でいるとなかなか実感できないけど改めて彼の偉大さが分かりました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • フジ三太郎

    4
    2019/9/21

    封切りから少し経って、レンタルで見ました。
    その頃も感動しましたが、午後ローでやったのを録画して見て、再度感動。
    ラグビーW杯日本大会開催に合わせ、日テレが金ローでやってましたが、この映画って、そこまでラグビー万歳の映画ではなかったような・・
    マンデラ大統領の数々の英断を称え、人類皆兄弟と(笹川良一さんみたいw)賛歌を送る映画です。
    個人的には、大統領SPが黒人と白人の混成チームとなり、ラグビー音痴の黒人組と、代表主将のピナールが来ると熱狂する白人組の対比が面白かった。唯一の黒人代表選手も描かれてましたね。
    ラグビーと言うより、マンデラが偉かった。
    そして彼に率いられた南アフリカは新しい国として蘇ったと。サッカーW杯南ア大会では、治安の悪さが問題になりました。内政はもうちょっとよくなって欲しい。鉱山が沢山あって、国富は豊かなはずなので。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • S

    5
    2015/4/16


    素晴らしい。

    ネルソン・マンデラの起こした
    革命とその奇跡の
    本当に感動する作品

    ラストシーン
    試合開始前の国歌斉唱
    涙が止まらなかった

    ラストへの盛り上がり
    world in union
    本当に素晴らしい1本

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告